メキシコ全土で同性婚を認める。大統領が改革を発表

May 19th, 2016

mxgaymarriage

 

 

現地時間5月17日、メキシコ全土にて同性婚合法化が発表された。

エンリケ・ペニャニエト大統領は、同国全土で同性婚を合法化するための憲法改正案に署名。同性婚は既に首都メキシコ市を含めた8州で認めているが、メキシコ全土での合法化には至っていなかった。

 

ペニャニエト大統領は、「結婚の平等を推進し、それを憲法と連邦民法に明記するための改革案に署名した」とツイッターの公式ページで発表。

また、財務長官のツイッターページにも、レインボー画像に「我々はなぜ戦うのか」と記載し投稿した。

 

 

 

 

メキシコでは、首都メキシコ市は2009年に同性婚を合法化。これまでに32州のうち8州が同性婚を認めている。

カトリック信者が多いメキシコでは、同性婚は否定派が多かったが、今回の大統領の改革発表により、国全土の合法化実現は近い。

 

Photo via : fusion.net

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

LGBTIに優しい&厳しいヨーロッパの国ランキングが発表

LGBT

イタリア、同性婚相当の「シビルユニオン」可決。欧主要国全てで同性カップ

LGBT

「同性婚についてどう思う?」子供たちに聞いた動画が素晴らしい

LGBT

エルトン・ジョン、プーチン大統領と対談か。ロシアのLGBT権利について

LGBT

台湾史上初の女性総統が誕生。台湾の同性婚実現に前進

LGBT

アメリカ、同性婚解禁により経済効果が975億円に上る