「男版人魚」「男版妖精」の絵文字が登場。絵文字のジェンダーレス化が進む

May 31st, 2017

日本発祥で今や世界的トレンドの「絵文字」が、ジェンダーレス化、多様性が進んでいる。

 

近々追加される最新版絵文字には “男版”人魚のマーメン(mermen)ほか、“男版” 妖精(fairy)らが加わることが分かった。

 

*Android版絵文字/マーメン&マーメイド、妖精

 

人魚は英語でマーメイド(mermaid)で、女性のみを指す言葉であるため、男性版の人魚(mermen)が加わることで、男女平等や多様性を重視した絵文字になるという。

 

絵文字の国際基準を定めている非営利団体「ユニコードコンソーシアム」によると、6月にリリースされる最新版5.0には、マーメンほか、妖精や魔法使い、吸血鬼、ゾンビといった架空の生物も、それぞれ男女の両方が加わるそうだ。

 

同団体に従い、グーグルやアップル、ツイッター、フェイスブックなどといった各社プラットフォームでは、それぞれ独自の絵文字表現を行う。

 

*Android版絵文字/吸血鬼、魔法使い、ジーニー

 

この絵文字の多様性は、アップルを例にすると、これまで男女カップルのみだった絵文字に、初めて同性カップルを追加。続けて、これまでの男女家族に加え、同性カップル+子供のモダンファミリーを追加してきた。

 

同じように、これまで男性版しかなかった絵文字(警察官、裁判官、医者、サーファー等)を、すべてにおいて男性版・女性版の両方を導入している。

この流れが最新版では、架空生物にまで範囲が及んだのは面白い。来月リリース予定の最新版が楽しみだ。

 

OTHER

LIFESTYLE

トム・オブ・フィンランドの「絵文字」が新登場

LIFESTYLE

アップル、新iOSにて「レインボーフラッグ」など、多様性を重視した絵文

LOVE

まるでGOGOボーイ?マッチョな「男人魚のオーナメント」が登場

FASHION

史上初・男の子がバービー人形の広告キャンペーンに登場

ENTERTAINMENT

イタリア発「ゲイ版セーラームーン」ミュージックビデオが登場

LGBT

【動画】息子の為に、リトルマーメイド人形を買ってあげたパパ