「キンキー・ブーツ」が、トランスジェンダー差別法案にミュージカルで抗議!

June 4th, 2016

「キンキー・ブーツ」キャストがミュージカルで抗議

 

 

ブロードウェイミュージカル『キンキー・ブーツ』キャストが、トランスジェンダー差別法案にミュージカルで抗議し話題になっている。

 

『キンキーブーツ』は、2005年に公開され大ヒットした同名映画のミュージカル版で、トニー賞6部門に輝いた大人気ミュージカル。今年7月には待望の日本版キャストによる上映も決定している。

 

そんな『キンキーブーツ』のキャストたちは、米ノースカロライナ州の「トランスジェンダー差別法案」に抗議するべく動画を作成した。

同法案は公共トイレを使う際に、自身の性自認ではなく、出生児の性別に基づいたトイレを使うように定めたトランスジェンダー差別にあたる法律。

 

これに対し、動画では「JUST PEE!(ただのおしっこじゃない!)」と呼びかけ、性別によるトイレ使用禁止を無くすよう訴えている。

エンタメ大国のアメリカらしい、ミュージカルで訴える動画は必見!

 

 

 

 

なんと動画には、『キンキー・ブーツ』楽曲を担当した歌手のシンディー・ローパーと、同ミュージカルの脚本を担当したオープンリーゲイのハーヴェイ・ファイアスタインが出演!

 

 

シンディー・ローパー

 

 

二人は動画の中でこう語った。

「レディース&ジェントルメン、そしてまだ決めかねている人たちへ。アメリカ労働組合によって、トイレを使うことを規定した馬鹿げた話があるわ」「私たちが要求しているのは、ほんの少しの正気なの。人はみなおしっこをするのよ!」

 

OTHER

LGBT

ノースカロライナ州の「トランスジェンダー差別法」について、米司法長官の

ENTERTAINMENT

キース・ヘリングを描く舞台。柿澤勇人、知念里奈が意気込みを語る

ENTERTAINMENT

生田斗真がトランスジェンダー役に!恋人は桐谷健太

ENTERTAINMENT

三浦春馬がドラァグクイーンに!名作ミュージカル『キンキーブーツ』上演へ

FASHION

マーク・ジェイコブス「女装とトランスジェンダー」の違いを語る

LGBT

ゲイの献血解禁を訴えるキャンペーン動画が凄い!