ゲイ映画『伯林漂流』国内初上映。脚本は田亀源五郎

July 29th, 2018

今泉浩一監督の新作ゲイ映画『伯林漂流』が、8月11日(土・祝)と12日(日)にて国内初上映されることが分かった。

 

 

 

 

今泉浩一監督といえば、1990年に18禁のピンク映画を中心に俳優としてのキャリアを開始し、また1999年以降は一貫してゲイ映画を作り続けている、国内では数少ないゲイの映画監督。その作品はベルリン国際映画祭をはじめ各国で上映され高い評価を得てきた。

また本作は、『弟の夫』のヒットで日本を代表する漫画家となった田亀源五郎が脚本を手がけている。

 

本作の舞台はドイツ・ベルリン。

ベルリン在住の日本人コーイチは、ある夜、セックスクラブで日本からの旅行者リョータと出会う。

インターネットで知り合ったドイツ人男性との「恋愛(=結婚?)」への期待に胸を膨らませてベルリンにやって来たリョータは、相手の関心が自分とのセックスにしか無かった事を知り、彼の家に泊めても貰うことも出来ずセックスクラブで一夜を過ごしに来たのだった。仕事もせず、殆ど人付き合いもしないで独り暮らすコーイチは、成り行きで自分のアパートにリョータを泊めてそのまま彼と肉体関係を持つが、リョータは毎日のように出かけては現地の様々な男達とセックスをして帰ってくるようになる。そんな彼に苛立ちとも好奇心とも知れない感情(もちろん、愛でもない)を抱いたコーイチは、次第にリョータとのセックスにのめり込んでいく───。

 

以下予告編。

 

 

なぜ、物語の舞台が「ベルリン」なのか?

彷徨い続ける男たちが踊る、21世紀のゲイ版『ラスト・タンゴ・イン・パリ』は必見だ。

 

また、期間中は『伯林漂流』以外にも、過去作品『すべすべの秘法』『初戀』『家族コンプリート』『TOUCH OF THE OTHER』も特別上映され、上映後には田亀源五郎や前田くにひろ(オープンリーゲイの文京区議員)ら、多彩なゲストを迎えたアフタートークも予定しているそう。

 

今泉監督の待望の最新作『伯林漂流』は、香港、ポルトガル、ドイツ、オーストリア、アメリカでの上映を経ての日本初上映。2日間限定なのでこの機会をお見逃しなく。

 

『伯林漂流(Berlin Drifters)』国内初上映&関連企画上映|今泉浩一 生前追悼上映会
日時:2018年8月11日(土・祝)、12日(日)
会場:Galaxy – Gingakei(HP
東京都渋谷区神宮前5-27-7-B1
TEL: 03-6427-2099
【注意事項】
各回完全入替制で当日券のみ、また作品ごとに料金が違います。
8/11の『初戀』は15歳以上、それ以外の全ての作品は18歳以上が入場可能(要ID)。
上映に関する内容はこちらまで。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

「近親愛」を描く、台湾×日本のゲイテーマの舞台。東京で上演

ENTERTAINMENT

LGBTではなく”周囲の人々”を描いたLGBT映画『カランコエの花』

ENTERTAINMENT

トランス映画『ナチュラル・ウーマン』&ゲイ映画『君の名前で僕を呼んで』

ENTERTAINMENT

【総集編】世界的有名な「LGBTの映画監督」まとめ

LGBT

橋口亮輔 × 田亀源五郎スペシャル対談!「LGBTと映画」を語る

ENTERTAINMENT

昨年好評を博したゲイ映画『すべすべの秘法』『家族コンプリート』がアンコ