45歳以上のゲイのほとんどはパートナー無し(米調査結果)

July 31st, 2018

新しい調査によると、アメリカに住む45歳以上の大多数のゲイはパートナーがいない(独身)ということが分かった。

 

アンケート調査は、全米50LGBTQ成人1782人に、年齢と老化に対する考えをインタビューしたものだ。

 

 

 

 

調査では以下のことが明らかとなった。

 

・45歳以上のゲイ男性の57%が独身

・45歳以上のレズビアンの39%が独身

・45歳以上のバイセクシュアルの48%が独身

 

また調査では、ゲイは1人で暮らす割合が非常に多く、LGBTの友人やストレートの友達といった交友関係が、レズビアンと比べると少ないこともわかっている。

 

45歳以上のゲイが独身。。。とうのは少しショックな調査結果だが、今回以外にも、同様の調査で以下のことが分かっている。

 

・60歳以上のゲイの63%がパートナーなしで一人暮らしをしている(2013年の調査)

・ゲイはストレート男性の約3倍(全体の40%)が独身である(2011年の調査)

Text via : Queerty

 

ただ、LGBTに関してはここ数年で時代が大きく変わったこともあるため、45歳以上、もしくは60歳以上の独身割合も今後変化するのではないかと思われる。

 

RECOMMENDオススメ記事

BEAUTY

50代以上のLGBは、慢性的な健康被害のリスクが高い(米調査)

LOVE

正面 × 愛とセックス vol.5 ─ 40代 ゲイ プロデューサー/

LOVE

「セックス満足度」の最も高い年代は、65歳以上(調査結果)

LGBT

大人の魅力満載、50代のセクシーなLGBT11人

LOVE

「自分の友達と寝たら友情は壊れない?」ゲイ500人の調査結果

LGBT

中国、ゲイ男性の80%は偽装結婚をするという調査結果が明らかに