東京海上、火災保険&自動車保険を同性パートナーへも適用

August 10th, 2016

東京海上日動火災保険は、同性パートナーへの「火災保険」「自動車保険」サービスを開発したと発表した。同分野において同性パートナーへの施策を行ったのは日本初となる。

 

これまでの火災保険では、契約者の配偶者の家財が焼けた場合、ほぼ自動的に被害が補償されるが、同性パートナーはその対象とならなった。

今回から、火災や事故の際に同性パートナーも「配偶者」とみなし、同じ補償を受けられるとのことだ。

 

同サービスは、2017年1月から個人向け保険としてスタート予定。

 

これまで保険分野においては、ライフネット生命やAIGなどが、同性パートナーへの死亡保険金の受取を可能にしていた。

今回の「火災保険」「自動車保険」における同性パートナーへの適用拡大は画期的な取り組みといえる。

 

OTHER

LGBT

LGBTフレンドリーな国内企業まとめ

LGBT

楽天、同性パートナーを配偶者と認める。社内規定を改定へ

LGBT

沖縄県・那覇市「同性パートナー証明書」発行へ。全国5例目

LGBT

米レズビアンに絶大なる人気を誇る日本車「スバル」。同社のマーケティング

LGBT

パナソニック、社内規定で同性婚を認める

LGBT

同性パートナーも保険受取を可能にしたライフネット生命、その全貌とは?