家を追い出されたゲイ少年、クラウドファンディングで学費を募り700万円以上集める

August 1st, 2018

アメリカ・フロリダ州にて、ゲイの男子生徒がゲイであることを理由に家を追い出されホームレスに。その後、大学進学費をクラウドファンディングで募り話題になっている。

 

 

セス・オーウェン君|Photo via: gofundme.com

 

セス・オーウェン君(18)は、敬虔なクリスチャンの両親の元に育てられ、高校2年生のときに両親にゲイだと知られてしまう。

それ以降、両親はゲイを治療するべくカウンセリングに通わせるなどし、挙げ句の果てに家を追い出したそうだ。

 

ホームレスになった彼は、友人宅で寝泊まりをしながら無事高校を卒業。しかも、学業成績の平均点4.16という好成績だったことから、卒業生総代にも選ばれそう!

卒業生総代とは、その年最も成績の良い生徒が、卒業生を代表してスピーチを行うという名誉ある役なのだ。

 

成績優秀なのに、、お金がなくて大学に行けない!

ホームレスという苦難を乗り越え、優秀な成績を残した彼に待ち受けていたのは、高額な大学の学費だ。

 

すでにジョージタウン大学への入学が決まっており、奨学金を受けてもなお約2万ドル(約220万円)も足りない。もちろん、親からの支援は打ち切られている。

 

絶望に打ちひしがれる彼だったが、周りからのアドバイスで、学費をつのるクラウドファンディングをスタートした。

618日からスタートして、なんと7万ドル(約770万円)以上の資金が集まったのだ!(8/1時点)

 

ちなみに、彼の将来の夢は弁護士になって、10代の子供たちを助けたいと考えているそう。

このクラウドファンディングはTV番組でも紹介され、アメリカ中で話題になった。

 

 

 

 

彼のように、LGBTが原因でホームレスとなる10代の若者は多い

各調査によって幅はあるものの、アメリカでは若者ホームレスの11%~40%(約3〜4人に1人)がLGBTであるとされており、深刻な社会問題になっている。

 

その大多数が、親が保守的なクリスチャンで子供を拒絶したり、またはゲイ矯正施設にいれるなど、LGBT理解のとぼしい家庭環境が原因にあるのだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

世界的スター、マックス・エマーソンも来日!SKYNブースが大盛況

LGBT

東ちづる、カミングアウトした勝間和代を応援「いい流れだと思っています」

LGBT

LGBTの若者ホームレスは人身売買の被害にあいやすい(米調査)

LOVE

「売り専」にフォーカスしたドキュメンタリー映画『売買ボーイズ』、海外で

LGBT

LGBT若者層の3人に1人が自殺未遂を経験している(調査結果)

LGBT

ゲイユーチューバーが元いじめっ子に電話をかけたら…?(動画)