イルカ、”ゲイカップル” の方が生涯寄り添う率が高い

August 29th, 2017

オーストラリアにて、イルカの同性愛行為が確認され話題になっている。

また、オス同士のゲイカップルの方が、異性愛カップルに比べ、生涯寄り添う率が高いことが分かった。

 

 

 

 

豪マンジュラ・イルカ研究プロジェクトのチームが目撃したのは、バンドウイルカのオス同士が、交尾や性器のこすり合いを行っているもので、仲のいいオス同士がじゃれ合っているわけではないそうだ。

 

バンドウイルカを観察してきた豪マードック大学のクリスタ・ニコルソン博士は、「シャーク湾で確認されている15頭のオスのうち、子ども3頭をのぞいた全てのオスに同性愛行為が見られます」と話した。

 

氏が話すように、イルカで同性愛は当たり前であり、オス同士だけでなくメス同士、オスメス同士のカップルと、実に多様なカップルがいるそう。

 

 

ゲイカップルの方が生涯長く関係が続く

 

驚くことに、異性愛カップルよりも、オス同士のカップル(ゲイカップル)の方が、その関係が生涯長く続くそうだ。

ニコルソン博士によると、同性愛行為は極めて社会的な行動である可能性が高いという。

 

同湾のバンドウイルカは全体で大きく4つのグループに分かれており、このグループは合流や分散を繰り返したりと、常に変化をつづけていくそうだ。

こうした常に変化する環境において、オス同士の結束力や同盟関係が作られていく。

 

 

Photo via : dailymail

 

しかしながら、単に生存戦略としての”同性愛行為”ではなく、イルカの同性愛は複合的な目的といわれている。

単にじゃれあったりマウンティングするだけでなく、ペニスを挿入したりマスターベーションをし合う交尾が確認されているからだ。

 

また、米ジョージタウン大学のジャネット・マン博士は「オス同士の関係のために行う同性愛行為もありますが、若いオスが繁殖期にそなえて、”交尾の練習”のために行っている可能性もありえます」と話している。

 

今回紹介したバンドウイルカ以外にも、自然界では同性愛行為を行う動物たちが多く存在している。以下の関連記事をチェックしてみて。

 

関連記事 >> 自然界に存在する、ゲイ&バイセクシャルの動物たち

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

米Teen VOGUEの『アナルセックス解説』ネットで物議を醸す

LGBT

ローマ法王「キリスト教徒は同性愛者に謝罪するべき」

LGBT

自然界に存在する、ゲイ&バイセクシャルの動物たち

LGBT

海老名市議が差別発言「同性愛者は異常動物」ネットで大炎上

LGBT

同性愛を完璧に説明した、アイスランドの子供向け番組が話題に

LGBT

【動画】同性愛者への差別が厳しいロシアで、男同士で手を繋いでみたら…?