オーストラリア、ハッテン場でローションに「塩酸」を混入した男性が逮捕される

August 30th, 2016

毒物

 

 

オーストラリアの身元不明の男性が、ハッテン場のローションに塩酸を混入した容疑で逮捕された。塩酸は、皮膚に触れると火傷を引き起こす劇物だ。

 

シドニーの地方紙によると、容疑者の身元不明の62歳の男は、8月27日にシドニーのハッテン場アローズ・クラブ(Aarows Club)のトイレに設置されているローションサーバーの機械に劇物の塩酸を混入しようとした。

 

男が塩酸を混入しようとしたところ警報機が鳴り、事件が発覚したという。男は、警察が来るまで警備員に取り押さえられ、劇物混入の疑いで逮捕された。

 

劇物混入によるケガ人はおらず、現在男は釈放され9月20日の裁判に出廷予定だ。

 

via : attitude

OTHER

LGBT

エジプト警察、ゲイアプリを使用しゲイを逮捕している

LOVE

ゲイの10人に4人が、コンドーム無しのセックスをしている(調査結果)

LOVE

カナダ、HIV予防薬「ツルバダ」を認めた世界で3番目の国に

ENTERTAINMENT

歌手ジョン・グラント、ハッテン場にフォーカスしたミュージックビデオが話

LGBT

米・有名ゲイポルノ俳優、複数の恐喝事件で懲役53年へ