ゲイを嘲笑したキャラ「保毛尾田保毛男」に、コミュニティの怒りが爆発

September 29th, 2017

フジテレビのバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」が、9月28日に30周年記念の特別番組を放送。

 

その中で、ゲイのキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」が登場し、侮蔑語である「ホモ」を複数回発言し、ゲイを笑い者にしたネタを連発した。

これに対し、ツイッターを中心にLGBTコミュニティから怒り爆発。炎上騒ぎに発展している。

 

 

 

 

この「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」とは、28年前に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」に登場したキャラクター。

石橋貴明扮する保毛尾田保毛男は、ピンクの頬に露骨な青ヒゲ、オネェ口調で話すゲイ。明らかに悪意のあるゲイ描写だ。

 

番組では、同じコーナーに参加したビートたけしが、この保毛尾田保毛男を見て「別の国に行ったら死刑だぞ」「小学校のときこういうオヤジが公園で待っていた」などと発言。終始笑いのネタとして扱っていた。

 

 

 

28年前に、当時の「保毛尾田保毛男ネタ」をリアルタイムで観ていた世代からは、「思春期をクローゼットなゲイとして過ごした当事者のトラウマは相当深刻」、「小学校の頃から憂鬱だった」など、多くの怒りツイートがみられた。

 

 

 

 

 

“LGBTフレンドリー”を掲げるフジが起こした悲劇

同番組を放送したフジテレビといえば、ネットニュースサイト「ホウドウキョク」でLGBTニュースを扱うコーナーを設置し、積極的にLGBTに関する情報を発信している。

また、今年の「東京レインボープライド」時には、フジテレビ本社をレインボーカラーにライトアップするなど、LGBTフレンドリーに力を入れてきた。そんなフジだけに、今回の差別的な放送は残念極まりない。

 

近年、国内でも映画やドラマの中で、ゲイやLGBT当事者を描くことが増えてきた。

しかしながら今回の保毛尾田の件は、ゲイを「嘲笑の対象」として描いており、視聴者の同性愛嫌悪を助長する極めて差別的な内容だ。

 

 

ネットで非難殺到。LGBT団体らが抗議文を提出

 

今回の件が、「SOGIハラスメント(SOGIハラ)」に当たるとして、LGBT団体らがフジテレビ&番組スポンサー宛に抗議文を送った。

また、BPO(放送倫理・番組向上機構)宛に意見を送る人も続出している。

 

そんな炎上を受け、29日、フジテレビの宮内社長は定例会見にて謝罪した。

「これは30周年スペシャルで、30年間作り出してきた色々なキャラクターで展開したわけですが、不快な面をお持ちになった方がいたことは大変遺憾なことです。謝罪をしないといけない」

 

また、同番組の石原編成統括局長は、「電話やHPなどでいろんな意見をいただきました。『懐かしい』というご意見もあれば、『このご時世になんだ』という両方の意見がありました」と話している。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

米Teen VOGUEの『アナルセックス解説』ネットで物議を醸す

LGBT

LGBTQを讃えたYouTubeの公式動画に、差別的コメントが殺到

LGBT

元ゲイビデオに出演した男性をネット番組が捜索へ。ネットで大炎上

LGBT

モデル小林竜輔、ゲイビデオ出演騒動でSNSにて胸中を明かす

LGBT

ナイキ、パッキャオの同性愛差別発言をうけ契約解除へ

LGBT

海老名市議が差別発言「同性愛者は異常動物」ネットで大炎上