「筋トレは考えるだけで筋トレになる」驚きの研究結果

February 22nd, 2015

筋トレは考えるだけで筋トレになる

 

 

理想的なカラダを手にいれるためには、日々の筋トレは必須。

しかし、「筋トレのことを考えていること自体が筋トレになる」といった驚きの研究結果が発表された。

 

米・オハイオ大学のブライアン・クラーク博士の研究によると、「運動のことを考えて座っているだけで、筋肉が鍛えられる」という『脳内エクササイズ』が実験で明らかとなった。

 

実験では29人の被験者を集め、その手首を1カ月にわたって動かせないよう固定し、その筋力量の変化を調査。

半分の被験者には、固定された手首の筋肉を動かすイメージを1日あたり11分間行った。その結果、「脳内エクササイズ」を実行した人たちは、何もしなかった半数に比べて手首の筋肉が強化されたことが分かったのだ。

 

研究結果をもとに、クラーク博士は脳と筋肉の回路について着目。

「筋トレをイメージ」し脳内の運動野を刺激することで、運動野と筋肉が強い関係を持ち、そのため筋肉を強化できたことがわかったのだ。

 

『考えるだけで筋トレになる』というとかなり斬新なように感じるが、神経科学の分野では、脳とカラダはシンクロしていると考えられており、相互の関係が高いことは以前にも証明されている。

例えば、米・クリーブランド・クリニックにおいて、脳内エクササイズを実施した患者は筋肉量を35%アップできたという報告もある。

 

もちろん、筋トレを行わずしてイメージだけで理想的なカラダを手に入れるのは不可能だが、筋トレをしていない時(オフィスワーク中など)でも筋トレのことを考えるだけで筋肉量アップが期待できそう。

また逆に、脳とカラダはシンクロしている為「筋トレを嫌々やっている」と返って効果的な筋トレは得られないのかもしれない。

 

via:Ohio University

OTHER

LIFESTYLE

トム・デーリーの筋トレ講座「お尻編」vol.1

LOVE

イケメンは金持ちと同じぐらい"ワガママ"という調査結果

LIFESTYLE

画期的な筋トレ用ウェアラブルデバイスが新登場

LIFESTYLE

宅トレをスタイリッシュに。筋トレマシンに変形する家具

LIFESTYLE

バランスよく鍛えて理想ボディーへ。vol.1 フロント編