コンチータ、上半身裸でローリング・ストーン誌の表紙を飾る

June 26th, 2015

 

“ヒゲ女装”の愛称で知られるコンチータ・ヴルストが、上半身裸姿でドイツ版ローリング・ストーン誌の表紙を飾り話題になっている。

 

コンチータは、今までのドラァッグクイーン姿とは打って変わり、ロックスター顔負けの堂々たる風格で男性的な一面を魅せた。

表紙には、『思い切ろう!コンチータは違いを生きている。(Take the Plunge! Conceit is living the difference)』のコピー。

 

 

コンチータのセクシャリティはゲイだが、その外見から世間一般ではトランスジェンダー(トランス女性)と混同して認識されることが多い。

 

そんなコンチータの、女性的と男性的な二面性、性の流動性を表現した秀逸カバーとなっている。

 

 

 

1

via : OUT

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ヒゲ女装で知られるコンチータ・ヴルストが7月に初来日!

ENTERTAINMENT

あらゆる人物に「ヒゲ」を付けられる、Googleの拡張機能が面白い

ENTERTAINMENT

名作劇『ロミオとジュリエット』初となる女性同士が主役に

LGBT

ブルース・ジェンナー、性別変更後初の『女性として』米雑誌に登場!

ENTERTAINMENT

『ユーロビジョン 2015』コンチータの圧巻パフォーマンス!

LGBT

『ヒゲ女装』のコンチータ、オーストリアの記念金貨に