【総集編】2017年カミングアウトした有名人まとめ

December 29th, 2017

ダニー・ワッツ(元レーシングドライバー)

 

Photo via : outsports

 

元レーシングドライバーのダニー・ワッツ(37)が、ゲイであることをカミングアウトした。

 

現役を引退しているワッツは、レース専門誌「Auto Sports」のインタビューにてカミングアウト。「モータースポーツ業界はとても厳しいマッチョ社会」とし、現役時代にカミングアウトすることは到底できないと打ち明けた。

 

Auto Sportsによると、ワッツは最もキャリアのあるF1ドライバーで、彼のカミングアウトが与える影響は大きいと述べている。

ちなみに、トップレベルのF1業界でオープンリーゲイの選手はいない。

 

 

アイラブマコーネン(ラッパー)

 

Photo via : Grammy

 

ドレイクとのコラボや、2015年のグラミー賞候補にもなった米ラッパーのアイラブマコーネンが、ゲイであることをカミングアウトした。

現在27歳の彼は、ツイッターにて「速報好きのみなさんにはちょっと古い話かもしれないけど、俺はゲイなんだ」「他の人の事情については話せないし伝えられるのは自分のことだけ。そして今がカミングアウトするタイミングだと思ったのさ」とつづった。

 

以前より彼は、ヒップホップ界における根強いホモフォビア(同性愛嫌悪)について苦言を呈していた。「この業界でムカつくのは、ゲイやレズビアンに対してくだらない差別発言が多いこと」「おまえらが高い金払って着ている服のデザイナーはみんなゲイだっていうのにさ」と非難している。

 

 

テイラー・ベネット(ラッパー)

 

Photo via : WWD

 

著名ラッパーのチャンス・ザ・ラッパーの弟でラッパーのテイラー・ベネットは、21歳の誕生日を迎えた日にSNSでカミングアウトした。

 

「明日は誕生日。そして新たな1年を進むにあたって、もっと自分のことをオープンに話したいと思ったんだ。同じことに悩む人々の助けになればと思ってさ。僕はバイセクシャルなんだ」とカミングアウト。「今までもゲイコミュニティのサポートをしてきたけど、2017年も引き続き行なっていくよ」とメッセージをつづった。

これを受けた兄チャンス・ザ・ラッパーは、「何があってもこいつを愛しているぜ」とSNSに掲載し、弟へのサポートを表明した。

 

 

滝沢ななえ(元女子バレー選手)

 

Photo via : 滝沢ななえ’s Twitter 

 

元女子バレーの滝沢ななえ選手(30)がレズビアンであることをカミングアウトした。

日本テレビの「衝撃のアノ人に会ってみた」に出演した滝沢氏は、現在年下女性と交際していることを明らかにした。

 

滝沢選手といえば、「日本スポーツ史上最高の美女」として女子バレー界で活躍したスター選手。「パイオニアレッドウィングス」に入団し、その後は「上尾メディックス」に移籍。2013年に現役を引退している。

 

番組後に自身のツイッターで「ビックリさせてごめんね!でも言えて本当に幸せ!セクシャルマイノリティーとして私らしく生きていける」とツイートした。

 

 

コリン・ジャクソン(元陸上選手)

 

 

 

元陸上選手で、オリンピック銀メダリストのコリン・ジャクソンが、TV番組のインタビューでゲイであることをカミングアウトした。

コリン・ジャクソンは、ソウルオリンピックで銀メダル、世界陸上で2度優勝している男子ハードル界のレジェンド。60メートルハードルでは世界記録を保持している。

 

以前よりセクシャリティの噂を否定してきたが、本人はプライバシーを考え公表を避けていたそうだ。

今回はLGBTを扱ったスウェーデンのTV番組「Rainbow Heroes」の趣旨に賛同し、カミングアウトを行なった。

 

 

ハーズ・スレイマン(俳優)

 

Photo via : greginhollywood

 

海外ドラマ『ナース・ジャッキー』『24』への出演で知られる俳優ハーズ・スレイマンが、インスタグラムにてゲイであることをカミングアウトした。

公表のきっかけについて、アメリカで多発するヘイトクライム(憎悪犯罪)について言及した。

 

「最近の研究によると、アメリカに住む多くのLGBTQが殺害されていることが明らかになりました。ぼくはゲイで、イスラム教徒で、アラブ系アメリカ人です」

続けて動画では、ヘイトクライムを行うホモフォーブ(同性愛嫌悪)に向けて痛烈に非難した。

「世界中に住んでるホモフォーブ全員に向かっていいたい。ぼくがゲイだからという理由で殺しに来るのなら、お前らをぶっ殺してやるからな」

 

スレイマンが指摘するように、アメリカではヘイトクライムが増えており、多くのLGBTQが殺害されている。

 

 

キーナン・ロンズデール(俳優)

 

Photo via : Instagram

 

TVドラマ『THE FLASH / フラッシュ』出演の豪俳優キーナン・ロンズデールが、バイセクシャルであることをカミングアウトした。

 

キーナンは自身のインスタグラムでこうメッセージを綴った。

 

「ぼくはヘアースタイルやファッションで冒険するのが好きで、女の子が好きで、そして男の子も好きで(イエス)、成長することが好きで、学ぶことが好きで、本当の自分が好きで、今こうなりつつある自分が好きなんだ。あまりにも長い年月自分自身を嫌ってきたよ、人と違うから、ぼくには他の人ほど価値がないんだと思って……でも、それは間違いだった。数年前に自分自身を受け入れることができて、それで僕の人生は救われた」

 

「もう何もごまかす必要ないし、どんな性別の人を好きになっても謝らなくていい。不安や恥ずかしさで恐怖を感じながら生きていくのは嫌なんだ。誰だって自分のことをそんな風に感じるべきじゃない。すばらしい人生が目の前にあるんだから」

 

***

 

いかがだっただろうか?「カミングアウトした有名人」のアーカイブも合わせてチェックしてみて。

 

>> 2016年カミングアウトした有名人まとめ

>> 2015年カミングアウトした有名人まとめ

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

Jay-Z「俺の母親はレズビアン」、新曲にてカミングアウト

LGBT

95歳でカミングアウトしたゲイ男性、インタビューに答える

LGBT

【総集編】2016年カミングアウトした有名人まとめ

ENTERTAINMENT

【総集編】世界的有名な「LGBTの映画監督」まとめ

LGBT

【総集編】2015年カミングアウトした有名人まとめ

FASHION

【総集編】ゲイのファッションデザイナーまとめ