刺激的な「クルーズ」の魅力、エディターが体験してみた(後編)

January 28th, 2018

>>  【特集】実はコスパ抜群!豪華客船「クルーズ」の魅力

 

今、海外旅行好きの間でじわじわ人気に火が付いている「クルーズ」。

前回はエディター上地が初のクルーズ体験をレポしましたが、今回は後編として、様々な船内アクティビティを紹介していきます。

 

 

 

文 : Makito Uechi

 

前回は初のクルーズとして、乗船~夜のアクティビティをメインで紹介しました。思い描いていた「ゆったりしたクルーズ 」とは異なり、エンタメ性あふれる魅力に初日からノックアウトされるばかり!

今回は、グルメや船内の設備、客室などを紹介していきます。

 

3ツ星シェフ監修による贅沢な船内グルメ

「セレブリティクルーズ」では、短いもので2泊3日~長いもので2週間の旅です。

もし長旅の時に、毎日同じレストランで食事していたら飽きますよね。。さすがは豪華客船、船内には複数のレストランがラインナップされており、バリエーション豊富なグルメが楽しめるんです。

 

今回乗船した「セレブリティクルーズ」には、レストランが合計8つ、バー&カフェテリアは合計14箇所。

今回は2つのレストランをご紹介します。

 

 

*メイン ダイニング

中央に巨大なシャンデリアを構える「メイン ダイニング」。

ゴージャスかつ洗練された内装ですが、今回乗船したショートクルーズでは、ドレスコードはなくカジュアルな服装でOK。

*セレブリティクルーズでは、3泊以上のクルーズの場合「イブニングシック」というお洒落を楽しむ日が設定されています。

 

欧州料理をベースにした多国籍料理で、ミシュラン3ツ星を獲得したレストランで腕を振るったシェフ監修のハイクオリティな料理が楽しめます。

 

 

*カルフォルニア産赤ワインとエスカルゴ

 

*ローストビーフ

高級食材をふんだんに使ったクオリティの高い料理ばかりですが、すべての食事はクルーズ代に含まれているため、なんと無料!!すごい!

 

「メインダイニング」も素晴らしいですが、次に紹介するイタリアンレストラン「トスカーナ グリル」もオススメです。

こちらは有料の「スペシャリティ レストラン」ですが、席料(昼15ドル|夜45ドル)を支払えばほぼ全てのメニューが無料で楽しめます。しかもメインを除くメニューが食べ放題なのです。

 

 

上左から:カルボナーラ、ヨーロピアンシーバスのグリル|下左から:クラブケーキ、スパゲッティミートボール

 

そのほか、ビュッフェ形式で多国籍料理やデザートが楽しめる「オーシャンビュー カフェ」(無料)や、アジアン料理レストラン「スシ・オン・ファイブ」(有料)などバリエーションに事欠きません。

 

ディナーのあとは、世界トップクラスのバーテンダーのいる「ワールドクラスバー」や、潮風が気持ち良い「サンセットバー」で一杯引っ掛けるのも良いですね。

 

船内には高級ジム&スパを完備

船内には、LA発の高級スパ&フィットネスクラブ「キャニオンランチ・スパクラブ」と提携しており、最先端のマシンを取り揃えたジム(無料)が完備されています。

 

 

 

 

朝7時に訪れましたが、多くの人がトレーニングに励んでいました。

ランニングマシンの目の前は絶景の海が広がっているので、トレーニングのモチベーションも上がりますよね。

 

また、ジムで汗を流したあとは、スパ(有料)で極上のリラックスタイムを過ごせます。

 

 

*有料のスパ施設。奥にはスチームサウナもあり

太陽降り注ぐプールは最高!

クルーズの午後といえば、デッキ上で太陽を浴びながら過ごす贅沢タイムですよね。

ということで「セレブリティクルーズ」自慢のプールへGO!

 

 

 

 

見てください、空と同じオーシャンブルーのプール!

朝の早い時間だったので人は少なめですが、午後には多くの人で賑わっていました。

 

またプール前では朝のズンバ教室が開催されていましたよ(もちろん参加無料!)

 

 

 

 

このプール以外にも、屋内プールもあるので天気が悪い日でも安心です。

 

 

*屋内プール。天井がガラス張りなので屋内でも日差しが注ぎます

 

プールサイドでゆっくり読書するのもよし、プール横に設置されたバスタブにカップルや友達とお酒飲みながらまったりするもよし、思いおもい午後のひとときを過ごせます。

 

船なのに「天然芝」でピクニック!?

今回乗った「セレブリティクルーズ」の特徴の一つ、天然芝でできた広大なデッキがあるんです!

 

洋上初の天然芝ガーデン「ローンクラブ」では、2000平米もの広大なデッキに敷き詰められた天然芝の上で、寝転んだりはもちろん、ピクニック、クリケット、野外コンサートなどが楽しめます。

 

一緒に参加したクルーズ会社の方と。食べ物やお酒をオーダーしてピクニックできるんです。

 

そして、天然芝の上でソファー席(個室)もレンタルできます。

 

 

 

 

 

このソファー席、お酒を飲みながらワイワイするのにちょうどいいですよね。デッキなので潮風が心地よく、チルアウトには最高の場所です。

※天然芝やソファー席は、一部の客船に設置されている施設です。

 

そして見てください、デッキから見えるこの夕焼けー!!!

 

 

 

*デッキで黄昏るカップル。絵になりますね。

空全体が赤く染まる夕焼けに、デッキにいる全ての人が釘付けになっていました。

もしカップルで乗船していたら、これ以上ないロマンティックなシチュエーションですよね。

 

気になる客室は?

クルーズは「海の上のホテル」ですから、客室も気になるところ。

今回は一番リーズナブルな「スタンダード 内側(窓なし)」に宿泊しました。値段がリーズナブルなこともあってか、ぶっちゃけそこまで広くはなかったです。18平米程で、一般的なビジネスホテルぐらいのサイズ感でした。

 

 

*スタンダードタイプ 内側(窓なし)の部屋

ちなみに一番人気はバルコニー付きの部屋で、朝食でルームサービス(無料)を頼むのがオススメだとか。

 

旅行でホテル(部屋)のクオリティを気にする人も多いと思いますが、クルーズの場合はほぼ部屋の外で過ごすイメージなので、個人的に部屋の広さや設備は最低限でよいかなと感じました。

 

ちなみにこのスタンダードタイプであれば1泊あたり1万円台~だそうなので、食事や遊びも込みと考えるとかなりコスパ良いですよね!

 

2泊3日のクルーズを終えて

2泊3日のクルーズを終え、無事シドニー港に戻ってきました。

感想としては・・・クルーズ楽しすぎ!!2泊3日は短すぎ!!!(泣)

 

豊富な船内アクティビティで、1日中船にいても飽きることはありません。1週間は乗っていたいくらい。

 

個人的に船酔いが心配でしたが、聞くところ大型船は揺れに強いらしく、船酔いは全くなかったですね。

また、船内はWiFi(有料)が完備されているので、ネットは問題なく使えました。

 

 

 

 

今回紹介したように、クルーズは「オールインクルーシブ」が基本です。

宿泊費、移動費、食事代もすべて込みというお得な旅。(現地までの飛行機代は別ですが、安いチケットを購入して現地まで行けばOK!)

 

ゲイは旅行好きな人が多いですが、”コスパ良くて贅沢できる旅”と考えると、クルーズはかなりアリです。

 

今回乗った「セレブリティクルーズ」は、LGBTフレンドリーかつハイクオリティなサービスで世界中にファンを持つ豪華客船。気になった方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

 

セレブリティクルーズ|公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

LIFESTYLE

刺激的な「クルーズ」の魅力、エディターが体験してみた(前編)

LGBT

同性カップルが旅先で受ける扱いを、男女カップルが体験すると?(動画)

LIFESTYLE

LGBT業界の著名人が語る『私のベスト・ホテル』

BEAUTY

ジムと客室が合体!米ヒルトンから「トレーニングができる客室」が誕生

LGBT

「アイスランド航空」、今までにない"中年ゲイカップル"を起用したCMを

LIFESTYLE

陸の孤島・タイの秘境リゾート地「ライレイビーチ」をゲイカップルが体験