全員ゲイのキャストが演じる、ゲイ版『セックス・アンド・ザ・シティ』のミュージカルが公演

August 26th, 2015

 

ゲイの永遠なるバイブル『セックス・アンド・ザ・シティ』。

NYを舞台にした名作ドラマを、全キャストを実際のゲイだけで演じるミュージカル『Live on Broadgay』が公演されるとして話題になっている。

 

公演をするのは、オフ・ブロードウェイを中心に活動するゲイの演劇集団『ブロードゲイ(Broadgay)』だ。

『Live on Broadgay』と名付けられた今回の舞台は、4人のゲイ男性が、それぞれキャリー、サマンサ、ミランダ、シャーロットを演じる。原作のSATC通りに、NYに住むセックスコラムニストのキャリーが、ミランダとの出会い、サマンサ、シャーロットと繰り広げる恋愛やセックスを、独自のアレンジを加えたコメディータッチで描く。

 

あのSATCを全員ゲイキャストで演じるとあって、NY近郊に住むゲイであれば必見のミュージカル。

なお、『Live on Broadgay』は、NYブルックリンのオフ・ブロードウェイにて2015年8月27日に公演予定。今回は一夜のみの上演予定だが、人気が出れば定期公演もあるかも?

 

via : Live on Broadgay / out.com

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ゲイのセックスカルチャーをテーマにした、LGBTアート劇が上演へ

ENTERTAINMENT

ガガとバーブラ・ストライサンド、新旧ゲイアイコンがツーショットを披露!

LGBT

【総集編】世界的有名なゲイカップル&レズビアンカップルまとめ

ENTERTAINMENT

オスカー女優テータム・オニール、女性とのデート関係を明らかに

ENTERTAINMENT

『セックス・アンド・ザ・シティ3』製作間近か!?

LGBT

「プラダを着た悪魔」でお馴染みのエミリー・ブラントがゲイアイコン発言