同性カップルにも人気。全6室のみのアートホテル『ホテル・キーフォレスト 北杜』

July 28th, 2017

>>【特集】夏の小旅行、都心から2時間の高原リゾート地『小淵沢』

 

2015年、小渕沢に誕生したばかりのアートホテル『ホテル・キーフォレスト 北杜』

日本を代表する建築家・北川原温氏によって建てられた同ホテルは、「スモールラグジュアリー」をコンセプトにしており、全6室のみのプライベート感たっぷりのホテルだ。

 

Text by Makito Uechi

 

*ホテルのファサード。幾何学デザインが何ともいえない存在感を放っている。

 

小渕沢がある山梨県北杜市は、縄文時代に華麗な土器文化が花を開いた場所として有名。

同ホテルは、そんな縄文時代にインスパイアされて設計されており、部屋の名前は全て縄文時代の言葉(水や土など)が名付けられている。

 

 

 

 

 

広々とした室内に、大きなテラス。

ウッドベースで温かみを感じる客室ながら、ほぼ平行がない幾何学デザインが随所に散りばめられており、対極ともいえる “癒し”と”刺激”を同時に感じる、なんとも不思議なアートホテル。

全6室のみで、まるで海外のブティックホテルかのような贅沢な作りだ。

 

ホテルのスタッフいわく、食事からスパ(露天風呂)に至るまで予約制でプライベートな空間が守られるとして、同性カップルの宿泊客も多いのだとか。

 

 

*まるで森の中にいるかのような開放的なスパ。朝は鳥のさえずり、夜は満天の星空に。

 

同ホテルの特徴ともいえるスパは、完全貸切の露天風呂。しかもかなり広い!

全国の高級旅館といえど、この広さの貸切露店風呂はかなり珍しいのではないだろうか。

 

夜の写真はないが、夜は辺り一面が真っ暗になるため、満天の星空の下で極楽の温泉が楽しめる。むしろ「この露天風呂のために宿泊したい!」とさえ感じてしまうほど、開放的な贅沢空間だ。

 

また、お風呂上がりにはホテルに併設されたバーで一杯ひっかけるのも良い。

 

 

 

 

ここ小渕沢は、サントリーの高級ウイスキー「白州」の産地として有名で、バーでは通常版の白州から、レア物の「白州25年」も楽しめる。

 

 

 

 

ホテルは、中村キースへリング美術館の敷地内に建てられているため、美術館でアートを楽しんだり、近くにはゴルフ場、テニスコート、森林散策、乗馬など、高原リゾートならではの楽しみ方が豊富だ。

 

また、LGBTフレンドリーホテルとしても有名なので、プライベート感のあるプチ贅沢をしたい同性カップルには是非ともオススメ。

 

 

『ホテル・キーフォレスト 北杜』
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10060-844
ホテル公式サイト

 

>>【特集】夏の小旅行、都心から2時間の高原リゾート地『小淵沢』

 

OTHER

LIFESTYLE

"レインボー"のフルーツサンドら、フォトジェニックな夏メニューが新登場

LIFESTYLE

ユーザーが選ぶ「LGBTフレンドリーホテル」7選

LIFESTYLE

陸の孤島・タイの秘境リゾート地「ライレイビーチ」をゲイカップルが体験

LIFESTYLE

編集部が体験、世界中のゲイに愛される旅行先「南アフリカ」を大特集!

LGBT

台湾のホテル、ゲイカップルをテーマにした広告がSNSで話題に

LIFESTYLE

今1番ホットな旅行先、南アフリカ「ケープタウン」の魅力をギュッと紹介