ゲイ男性、20年前のいじめっ子から謝罪メッセージを受け取る

May 14th, 2015

640

チャド・マイケル・モリセットさん

 

ロサンゼルス在住のチャド・マイケル・モリセットさん(ChadMichael Morissette)が、自身のフェイスブックで受け取った感動的なメッセージが話題になっている。

 

彼は、中学と高校でゲイであることを理由にいじめを受けており、10代の頃の記憶は最悪だったと語っている。

そんな20年前の中学時代のいじめっ子から、フェイスブックでこんなメッセージが届いたのだ。

 

1

 

「チャド、久しぶり。俺は最近、10歳になる娘といじめについて話していたんだ。娘に『パパは今まで誰かをいじめたことがある?』と聞かれて、俺は『いじめたことがあるよ』と言わなければならなかった。その時、ふと中学時代に君にした不快ないじめを思い出したよ。今それを考えて、面と向かってお詫びしたい。君が覚えているかどうかはわから無いけど、あの時いじめたことを心から後悔しているよ。本当にごめんなさい。」

 

 

20年ぶりにいじめっ子からメッセージを受け取ったチャド。

彼はこの謝罪メッセージに感動し涙を流したという。数日悩んだ末にこう返信した。

 

2

 

「メッセージに感動したよ。謝ってくれてありがとう!あれから20年経っていじめたことを謝罪してくれたのは君一人だけだよ。こうやって僕に謝ってくれたことを、自信を持って娘さんに話してほしい。あの時の僕らは若かったんだ、20年後こうなることを誰が想像できたかってね。メッセージをくれて本当にありがとう。」

 

3

 

「ありがとう。君の寛容な心は想像以上だよ。君が許してくれた事をこれからも胸に秘めているよ。本当にありがとう!」

 

 

とメッセージは締めくくられている。

アメリカ含め世界中にはLGBTへのいじめが深刻な問題になっており、いじめを苦に自殺する10代も依然として多い現状がある。

 

今回のチャドと元いじめっ子の20年ぶりの謝罪メッセージに、勇気付けられた人も多いのではないだろうか。

 

via : instinct magazine

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ゲイユーチューバーが元いじめっ子に電話をかけたら…?(動画)

LGBT

「もしも世界が同性愛者だけだったら?」衝撃ショートフィルムが話題に

LGBT

同性愛が"普通"で、異性愛が"禁止"の世界を描く、秀逸ショートフィルム

ENTERTAINMENT

日系歌手ヘイリー・キヨコ、レズビアンをテーマにした感動的な新曲ビデオ

LGBT

【動画】同性カップルの感動的なプロポーズ動画6選

LGBT

マイリー・サイラス、14歳で母親にカミングアウトを明かす