オーストリア首都ウィーンで『ゲイ信号』が登場!

May 12th, 2015

2

 

 

 

オーストリアの首都ウィーンで、ゲイをテーマにした信号が登場し話題になっている。

歩行者信号機の「止まれ」「進め」の表示を、ゲイカップル&レズビアンカップル仕様に大胆チェンジ!既にウィーン市内で10数カ所以上設置しているとのこと。

 

なぜウィーンがこうもゲイフレンドリーな信号を設置したのかというと、今月開催される欧州最大級の祭典『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2015』が開催されるからだ。

昨年のユーロヴィジョンでは『ヒゲ女装』のコンチータ・ヴルストが優勝したことが記憶に新しい。コンチータの優勝により欧州全体でLGBTムーブメントが生まれ、同コンテスト開催地のウィーンではLGBTフレンドリー都市化が進んでいる。

 

 

 

1

 

 

 

ウィーンの都市照明を担当者によると、「ウィーンは偏見の無い都市」をアピールするべく、ゲイ信号を設置しドライバーと歩行者の注意を引きつけたいと話している。

 

世界40カ国が参加するユーロヴィジョンの決勝戦は2015年5月23日に放送予定。今年はどんなドラマが生まれるのか?期待に胸が高まるばかりだ。

 

 

via:reuters.com

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ゲイ業界のスター集結!ゲイ版『美女と野獣』が最高に面白い

LGBT

法務省、ドラマ仕立てのLGBTQ啓発ビデオを公開

LGBT

LGBTが最も多い都市ランキング、1位はサンフランシスコ

LGBT

中国「旧正月のカミングアウト」をテーマにした、感動のショートムービー

LGBT

LGBT学生の為の金融業界セミナーを開催

LGBT

「ホグワーツにLGBTはいないの?」ハリー・ポッター作者 J.K ロー