同性パートナーも保険受取を可能にしたライフネット生命、その全貌とは?

November 4th, 2015
ライフネット生命代表取締役社長兼COO 岩瀬氏

 

 

先週10月29日、ライフネット生命が「同性パートナーの保険金受取可能」を発表した。同社は、11月4日に同サービス開始に合わせた説明会を開催。気になるサービスの全貌とは?

 

 

まず、先日発表された「同性パートナーへの保険金受取」について

ライフネット生命では、これまで死亡保険金受取人は、「戸籍上の配偶者」「2-3親等以内の血族」「異性間の事実婚関係にあるパートナー」の3つが、保険金受取人として指定可能だった。

今回新たに発表されたものは、保険金受取人の範囲を拡大し、同性パートナーへも受取を可能にする画期的なものだ。

 

 

同性パートナー_保険1

 

 

 

同性パートナーへの施策を行った理由は?

説明会では、ライフネット生命の代表取締役社長兼COO岩瀬氏が登壇。

「同性パートナーへの保険金受取範囲の拡大はごくごく自然のことです。2年ほど前から、社内の有志たちによる勉強会を行い検討を重ねてきました。」と語り、同施策は、当事者のニーズをヒアリングし勉強会を行う中で、なるべくしてなったものと語る。

例えば、LGBT当事者が死亡保障に関するニーズとして以下が挙げられる。

 

当事者のニーズ

Image : ライフネット生命

 

 

具体的なサービス内容とは?

今回のサービスは、異性・同性問わず申し込みフローに大差はない。保険加入にあたり以下書類が必要となる。

⑴ 住民票

⑵ ライフネット生命所定の確認書(※同性パートナーのみ)

同性パートナーを証明する上で、ライフネット生命では独自の確認書を設けている。これについて岩瀬氏はこう述べる。「同性パートナーを証明する上で、渋谷区・世田谷区の同性パートナー証明書の提出を検討しましたが、どうしても区限定のものになっては意味がないので、自社独自の確認書を作ることにしました。」

 

確認書では、同性パートナーが指定できる他、もしパートナー関係を解消した場合は受取人を変更することも可能。

 

 

 

同性パートナーに保険受取人を行うことのリスクは?

同性パートナーへ保険受取範囲を拡大することで、モラルリスク(保険金の不正取得)が起きる可能性がある。この件ついてはライフネット側はどう対策を取るのだろうか?

岩瀬氏「私たちが現状行っている、異性間の事実婚と、今回の同性カップルへの適用は、モラルリスクとしては同程度という結論に至りました。」続けて、「我々は、法律上の婚姻関係ではない同性パートナーも、生計を一にすることは『家族』とみなしています。」と明言した。

 

 

 

今後の課題とは?

同性パートナーの保険金受取が可能になったものの、今後の課題もある。同性パートナーは法定相続人(法律上の配偶者・子)では無い為、保険金を受け取る場合は相続税がかかるのだ。

これは日本の税制度に起因するものなので、現状は仕方が無いといえる。以下、相続税を表した参考資料。

 

 

相続税一覧

 

 

 

岩瀬氏は、「私たちは同性パートナーを特別視するわけでなく、一般の方々と同等の保険サービスを受けられることを目的としています。」と語っている。

 

相続税の負担など問題点はあるものの、今回発表された同性パートナーへの施策は、日本の保険サービスにおいて革新的だ。

生涯のパートナーを持つ人や、これまで保険加入を諦めていたLGBTにとって大きなメリットになり得るだろう。

 

ライフネット生命/特設ページ

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

台湾プライド2015、過去最高の8万人動員へ

LGBT

同性愛を完璧に説明した、アイスランドの子供向け番組が話題に

LOVE

「パートナーを持つ全ての人へ」愛するパートナーの死に立ち会った、ゲイの

LGBT

「日本の職場はLGBTに閉鎖的」新調査結果が明らかに

LGBT

世界初、スペインにてゲイの警察官同士が同性婚

LGBT

【インタビュー】レスリー・キー「1000人のLGBTを撮りたい」