米国領としては初、グアムで同性婚が可能に

June 8th, 2015

 

米国領としては初となる、グアムで同性婚が公式に可能となった。

 

同法案の可決には、ロレッタ・パンジェリアナンさん(Loretta Pangelianan)&キャサリン・アグエロさん(Kathleen Aguero)の同性カップルが、婚姻届を拒否されたことで訴訟を起こし始まった。

 

グアムでは何ヶ月もの議論の末4月に同性婚解禁を示唆し、今月6月に公式に同性婚を認めた。

なお、婚姻許可証は6月9日から申し込みを開始し、グアム初の同性婚は6月14日に行われると海外誌では報じている。

 

主に2人で同性婚を勝ち取ったアグエロさんは、「愛は勝ち取らなければならない、そして私たちは手に入れることが出来たわ」と喜びを語っている。

 

現在、全米50州中37州で同性婚可能となっており、グアムは同性婚を認めた最初の米国領となった。

 

via : NY POST

 

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ジェニファー・ハドソン、同性婚を支持する新曲MVを公開

LGBT

【総集編】世界的有名なゲイカップル&レズビアンカップルまとめ

LGBT

国民投票では世界初!アイルランドで同性婚が可決

LGBT

映画『パレードへようこそ』LGBTシンポジウムが開催。同性婚から東京レ

LGBT

アップル、Facebook、アマゾン、ディズニーら計379社が同性婚支

LGBT

【インタビュー】LGBT先進国オランダから学ぶ、日本で同性婚を可能にす