「もしも世界が同性愛者だけだったら?」衝撃ショートフィルムが話題に

July 5th, 2015

2012年に全米公開された、同性愛が”普通”の世界を描くショートフィルム『Love is All You Need?』を知っているだろうか?

 

同フィルムは、同性愛者であることが”普通”であり、異性愛者(ヘテロセクシャル)であることが差別されるといった、現代とは逆転した世界を描いている。

 

物語の主人公アシュリーは、5歳の時に異性が好きだと気付く。

8歳になってもその思いは変わらないが、学校の友達にも親にも真実を言えず、一人で悩み自己嫌悪に陥る。学校では異性愛者であることでいじめられ、生きる希望を失ったアシュリーは最後の手段に出るのだったーーー。

 

『LGBTへのいじめ』をテーマに描くショッキングな内容は、観る者の心に深く深く刻み込まれる。

 

 

 

 

ショートフィルムの英語版は、YouTubeで1000万回再生を突破し大きな話題に。

特に全米公開された2012ー2013年頃は、LGBTティーンエイジャーへのいじめや自殺が社会問題となっており、同フィルムは全米に衝撃を与えた。

 

OTHER

LGBT

同性愛が"普通"で、異性愛が"禁止"の世界を描く、秀逸ショートフィルム

ENTERTAINMENT

日系歌手ヘイリー・キヨコ、レズビアンをテーマにした感動的な新曲ビデオ

LGBT

【総集編】2015年上半期のLGBTニュース総まとめ!

LGBT

82歳と85歳のゲイカップルが、54年間の交際を経て同性婚!

LGBT

【動画】インドで初となるレズビアン広告が話題に

ENTERTAINMENT

全米大ヒットドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』はもう観た?