エル・ファニングがトランスジェンダー役を演じる『About Ray』の予告編が公開

August 10th, 2015

 

女優エル・ファニング(17)が、トランスジェンダー役を演じる話題作『About Ray(原題)』の予告編が公開された。

 

『About Ray(原題)』は、女性から男性へと性別変更を望む(FtM)トランスジェンダーティーンを描くLGBT映画。主演のエル・ファニングほか、ナオミ・ワッツがシングルマザー役、スーザン・サランドンがレズビアンの祖母を演じている。

 

トランスジェンダーの主人公レイ(エル・ファニング)を娘に持つ、シングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、娘の性別適合手術を前向きに受け止め、離婚した夫のもとを訪ねる。その一方で、愛孫が性別変更することを聞いたレズビアンの祖母ドリー(スーザン・サランドン)も加わり、三人三世代の心境の変化を描くストーリーだ。

豪華なキャスト陣が繰り広げるトランスジェンダーをテーマにした同映画は、予告編から見ても役者たちの素晴らしい演技が感じ取れる。

 

 

 

 

今回主役に抜擢されたエル・ファニングは、子役から大ブレイクした弱冠17歳。

トランスジェンダー役を演じる為に、持前のブロンドヘアーをバッサリカットし、栗色のショートヘアにチェンジして体当たりで演じた。

 

 

2

 

『About Ray(原題)』は、2015年9月18日より全米公開予定。(日本公開は未定)

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

エディ・レッドメインがトランスジェンダー役を演じる『リリーのすべて』日

ENTERTAINMENT

エル・ファニングがトランスジェンダー役に。話題作『アバウト・レイ』日本

FASHION

世界初、トランスジェンダー専門のモデルエージェンシーが誕生

LGBT

マイリー・サイラス、トランスジェンダー支援のインスタキャンペーンを開始

LGBT

メンズ誌史上初のトランスジェンダーが表紙になるか!?

ENTERTAINMENT

オスカー俳優エディ・レッドメイン、次回作でトランスジェンダー役に