アップルCEO ティム・クックが公にカミングアウト

October 31st, 2014

トップ

 

 

 

アップルCEO、ティム・クックが初めて公にカミングアウトを果たした。

 

以前よりゲイということは認知されており、米ゲイ雑誌OUTの『世界で最も影響力のあるゲイ』ランキングで1位に選出されている。

自ら公にカミングアウトした理由としては、自身のプライバシーを公表することでLGBTの助けになれればと語っている。

 

 

「自らをLGBT活動家としては考えていません。しかし、私自身(AppleのCEOとして)カミングアウトをすることによって、世界中の多くの人々に勇気を与えられると考えたからです。また、私はゲイであることを誇りに思っている。それは神が私に授けてくれた最高の贈り物だ。」

 

 

アップルCEOとしての立場、公平性を常に唱えている同氏ならではといえるカミングアウト。米国では今年に入り同性婚可能州が64%を越え、それによりLGBT権利活動が加速している。

ティム・クック氏のように、世界中が注目する人物のカミングアウトはLGBTのみならずストレート層にも確実にリーチしているだろう。

彼の勇気ある行動が、更なるLGBTの権利活動につながることを期待したい。

 

 

 

via:Bloomberg Businessweek

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

オーストラリアでLGBTの政党『Equality党』が正式登録される

LGBT

日本初となるLGBT向けの転職支援サービスとは?

LGBT

LGBTの祭典『Tokyo Superstar Awards 2014

LGBT

【インタビュー】LGBT先進国オランダから学ぶ、日本で同性婚を可能にす