太っているとセックスに有利? 肥満とセックスの関係性

January 13th, 2015

ぽっちゃり、ムチムチ、そんな太め体型の男達に朗報だ。

 

 

クリス・プラット

photo:@prattprattpratt / Twitter

 

トルコのエルジェス大学の研究によると、肥満度(BMI値)の高い太め体型の男性は、セックス時の持続力が平均7.3分と長いことが分かった。ちなみにBMI値の低い痩せ形の男性の場合、持続力は平均1.8分しか続かなく、その差は一目瞭然。

 

研究では、BMI値の高い100人の男性モニターを使って調査したところ、性ホルモンのエストラジオールの値が平均男性よりも高いことが明らかになった。

エストラジオールは性ホルモンであるエストロゲンの大部分を占める成分で、生殖器の発育に大きな作用をもたらしている。この成分が多く分泌されることにより、セックスの持続力アップに繋がっているのだ。

 

また研究では、早漏に悩む男性にはBMI値が低い、痩せ型男性達が多いことも分かった。肥満度合いとセックスには大きく関係性がありそうだ。

 

もし、あなたがセックスの満足度を求めるなら、太めな男達を狙ってみるのもいいかもしれない。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

ストレート男性の約10人に1・2人は、アナルオナニーをしている(研究結

FASHION

『全裸にハイヒール』米シューズブランドの広告がかなり攻めてる

BEAUTY

マッチョでも”まだまだ小さい…”と感じてしまう精神疾患「筋肉醜形障害」

LOVE

セックスに革命!常識を覆すスプレー式コンドームが登場

LOVE

『イケメン × 愛犬』の悩殺コラボはいかが?

LOVE

「え、兄弟でしょ!?」あまりにも激似なゲイカップル達