ホムパやレジャーに大活躍!あらゆるものをスピーカーにする『ベースエッグ』が日本初上陸

September 4th, 2015

 

 

テーブルなど、あらゆるものをスピーカーにできるコンパクトスピーカー『Bass Egg(ベースエッグ)』が日本初上陸する。

 

米国BASS EGG社が開発した『ベースエッグ』は、テーブルなどの平たい面に設置すると、テーブルなどのオブジェクトがスピーカーコーンとして機能し空気振動で音を出す画期的なスピーカー。Bluetoothで簡単接続できるので、どこでも気軽に高音質サウンドが楽しめる。

 

 

 

 

「ベースエッグ」のコンセプトは、「あらゆるものをスピーカーに」。

そのコンセプト通り、テーブルやデスクだけでなく、サーフボード、スケートデッキ、ギター、クーラーボックス、車のボンネットなど、様々な物をスピーカーに変えることが出来る。また、設置したオブジェクトの材質や形状によって、音質や音量の変化を楽しむことも可能。

これからの秋のレジャーは勿論のこと、ホムパなどのあらゆるシーンで活躍してくれそうだ。

 

 

32290_THGkCIFQri

 

32290_vYSslSZArx

 

 

サイズ:高さ9.2cm x 幅6cm 重さ482g(コーヒーカップ程度)

出力:20W

価格:1万5,000円(税込)

BASS EGG JAPANの公式Webサイト他、蔦屋家電などで販売される。

 

RECOMMENDオススメ記事

LIFESTYLE

都心最大級のプレミアム・スパ施設が新宿にオープン!

ENTERTAINMENT

最強の英国紳士が魅せるスパイアクション!『キングスマン』が劇場公開

LIFESTYLE

焼きたてパイ専門店『リトル・パイ・ ファクトリー』から、夏限定のパイ&

LIFESTYLE

『住みやすい都市ランキング 2015』にて「東京」が世界一位に

LIFESTYLE

都心の真ん中で手ぶらバーベキュー!東急屋上がOPEN

LIFESTYLE

【まとめ】『熟成肉』レストランを一挙紹介!