ラッシュのLGBT支援キャンペーンが全世界5000万円近い寄付を獲得

September 24th, 2015

TOP

コスメブランドのラッシュ(LUSH)が行ったLGBT支援キャンペーン『#GAYISOK(ゲイ イズ オッケー)キャンペーン』が、全世界合計約5000万円(27.5万ポンド)近い寄付金を集めた。

 

今年6月25日~7月5日の期間で開催したラッシュの『#GAYISOK(ゲイ イズ オッケー)キャンペーン』は、世界42ヵ国825店舗で実施。LGBTの人権を守り、誰もが平等に愛する権利を得られる社会実現を目的としたチャリティーキャンペーン。

 

同キャンペーンでは『#GAYISOK』とデザインされた限定ソープを販売し、その売り上げをチャリティーする試みだ。また、同キャンペーンはハッシュタグ『#GAYISOK』を付けてセルフィーをするSNSキャンペーンを実施し、日本を含めた全世界のSNS上で広く拡散され、約3000万を超えるセルフィーやメッセージが集まった。

 

ラッシュが今回伝えたいメッセージとしては、全世界の内75ヵ国で同性間の性行為は犯罪になるという現状。その不条理さを訴え、愛することの権利や自由を表現している。

 

 

 

1

 

 

 

また、今回集まった27.5万ポンドのうち、製造原価やパートナー団体であるAll Outへの寄付を差し引いた22.5万ポンド(約4050万円相当)を、世界中のLGBT支援を行う草の根団体へ寄付を発表している。

もちろん日本からも応募できるので、LGBT活動を行う団体であれば応募してみてはどうだろう。締め切りは2015年10月31日まで。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ストレートもゲイもバイも、同性同士でキスして抗議するキャンペーンが話題

LGBT

『OUT IN JAPAN』写真展がスタート。ソニン、レスリーらがオー

LGBT

【インタビュー】レスリー・キー「1000人のLGBTを撮りたい」

LGBT

台湾の総統最有力候補が、同性カップルも登場するキャンペーン動画を公開

LGBT

ラッシュ、LGBTチャリティーキャンペーン『#GAYISOK』を開始

LGBT

ラッシュがLGBT支援イベントを開催。はるな愛らも参加