映画「スティーブ・ジョブズ」日本公開が決定。予告編も公開

October 29th, 2015
(C)Universal Pictures

 

アップルCEOスティーブ・ジョブズを描く伝記映画「スティーブ・ジョブズ」が、2016年2月に日本公開が決定した。

 

アップル社の設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様が詰まった珠玉の人間ドラマ。

 

本作は、ジョブズの生涯最も波乱に満ちた時期の3大製品──1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMacという、重要な3つのフェーズを中心に描く。そこには信念を貫き通す生き様と驚嘆のビジネスセンスがあり、誰もが当てはまる仕事や生き方へのヒントが溢れている。

11月6日には待望の日本版予告編も登場。

 

 

 

 

また本作は、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督、『ソーシャル・ネットワーク』の脚本を手がけたアーロン・ソーキンがタッグを組み、イケメン俳優マイケル・ファスベンダーがジョブズを熱演。共演にはケイト・ウィンスレットが名を連ねるなど、アカデミー賞常連の面々が一挙集結!

本国アメリカでは10月より公開され好評を博し、来年度のアカデミー賞最有力候補といわれている。来年の日本公開が待ち遠しい!

 

 

Steve Jobs

(C)Francois Duhamel

 

『スティーブ・ジョブズ』

2016年2月、全国劇場公開

公式サイト

監督:ダニー・ボイル『スラムドッグ$ミリオネア』、『28日後…』、『トレインスポッティング』

脚本:アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク』、『マネーボール』

出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 他

2015年/アメリカ/東宝東和配給

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

モードの帝王の"裸の素顔"とは?『サンローラン』予告編が公開

ENTERTAINMENT

「キングスマン2」の全米公開日が決定。続編の舞台は日本!

ENTERTAINMENT

『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイがファッションサイトの女社長に!

ENTERTAINMENT

“今”を生きるすべての人に贈る、橋口亮輔監督7年ぶりの最新作『恋人たち

ENTERTAINMENT

男性ストリッパー達の過激なショータイム『マジック・マイク XXL』が劇

ENTERTAINMENT

世界一の美男マイケル・ファスベンダー演じる『スティーブ・ジョブズ』予告