「宗教よりも人権に価値がある」イラン出身歌手の衝撃的なMV

June 9th, 2015

 

2012年にユーロビジョンでノルウェー代表として一躍有名になったトゥージ(Tooji)の新ミュージックビデオが大きな物議を醸している。

トゥージはイラン出身のノルウェー歌手。歌手以外にもその美しい容姿からモデル、タレントとして本国で活躍している。

 

そんなトゥージは、かねてから噂だったゲイであることをカミングアウト。

カミングアウト後初めて公開された新曲MV『Father(神父)』では、同性愛差別が極めて重度な祖国イランへ対するメッセージを込めて作られた。

 

イランで同性愛行為は犯罪であり、過去何度も同性愛者(未成年者を含む)らが死刑、殺傷されている。そんなイランのLGBT迫害の現状を非難する為、教会を舞台に神父とトゥージが教会でセックスをするという、物議を醸すミュージックビデオを公開した。

 

 

 

 

 

 

トゥージは、今回のビデオについてこう語っている。

「私はゲイです。そして、自分がゲイであることの権利を守ります。それが『Father』を作った理由です」「人々は、宗教よりも人権に価値があるべきだと今一度考えるべきです」

 

彼は、宗教を理由に同性愛を迫害するイランを厳しく非難し、世界に向けてメッセージを発信した。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ジェニファー・ハドソン、同性婚を支持する新曲MVを公開

ENTERTAINMENT

ミーカ、新曲でゲイコミュニティへのフラストレーションを綴る

LGBT

「伝統よりも幸せを選ぶ」コカ・コーラの秀逸ゲイ広告

LGBT

ウガンダへ向けたゲイカップルのチャリティーMVが登場

LGBT

塗りつぶされたゲイカップル広告に、コラ画像で抗議

ENTERTAINMENT

ホージア『Take Me To Church』世界的バレエダンサーとの