【インタビュー】「メンズヌード」を撮り続ける写真家レスリー&ライアン、初の合同展が開催

May 6th, 2017

ヌードの中でもタブー視されている「メンズヌード」を、10年以上撮り続けている写真家、レスリー・キー&ライアン・チャン。

 

そんな二人の初となる合同写真展が、5月13日(土)~6月17日(土)の期間で東京・六本木の「ヒロミヨシイギャラリー」で開催することがわかった。

 

 

ライアン・チャン(左)/レスリー・キー(右)

 

今回、初の合同写真展を行うレスリー&ライアンに、日本男子の魅力から、2013年のレスリー逮捕騒動に至るまで、ジェンクシーだけの特別インタビューをお届けしたい。

 

─今回の合同写真展は、レスリー&ライアンともに「日本男子」「メンズヌード」をテーマにしていると聞きました

 

レスリー:私はこれまで多くの作品を発表していますが、ライフワークとして10年以上「メンズヌード」を撮り続けています。今回は二人とも「日本男子」にフォーカスしていますが、それぞれ異なるコンセプトを掲げています。私の展示テーマは『BOYS PLAY』です。男の子たちのふざけた様子や、ワルさ、無邪気さを写真に収めています。

 

ライアン:僕の展示テーマは『BOYS STUDY』です。「男の子を知る」という意味で、日本男子の内面やその魅力を写真で引き出しています。

 

今回、レスリーとは初の合同写真展で、面白いスケジュールになっています。写真展は全部で5週間で、最初の2週間(5/13~5/27)は僕の展示、次の1週間(5/27~6/3)は僕とレスリーの合同展示、その次の2週間(6/3~6/17)はレスリーの展示となっています。

僕のファンも、レスリーのファンも、同じ展示期間内で作品を見ることができるので、今までにない面白い展示方法だと思いますね。

 

 

Design Artwork by ENLIGHTENMENT

 

レスリーとライアンは長くタッグを組んできたと聞いていますが、ライアン個人の写真の特徴とは?

 

レスリー:ライアンとは10年以上仕事を共にしており、様々なプロジェクトを行なってきました。例えば、YOHJI YAMAMOTO、浜崎あゆみやユーミンのツアー、コマーシャルフォトなどです。

 

ライアン:僕は日本にきて12年になりますが、WWDなどでファッションフォトを行う一方、「日本男子」をテーマに写真を撮り続け、定期的に写真集を発行しています。今回は10年以上追い続けた作品の集大成ともいえる写真展ですね。

 

 

ライアンの写真の原点とは?

 

ライアン:2011年に発表した1st.写真集『MAD TOKYO』がスタートです。

当時は日本にきて4年ぐらいで、東京の街をブラブラしていると面白い発見があるんですよね。それをストリートスナップとして写真に収めてきました。

 

渋谷にいるギャル、ホームレス、男子学生、土方の兄ちゃん、などなど、人ぞれぞれが個性的で、カオスな東京という街がすごく好きです。そこで、「狂気に満ちた東京(MAD TOKYO)」というテーマで写真集を発表しました。

 

 

MAD TOKYO(左)YOUTH(右)

 

続く、「YOUTH(2011)」や「FITTING INTO TOKYO(2012)」「Peace Disappearance(2014)」「Naked Youth(2014)」「Tokyo Is Yours(2015)」など、一貫して日本の男の子に焦点を当て、写真集を作り続けてきました。

 

レスリー:私もメンズヌードを撮り続けているけど、ライアンとはテイストが全然違っている。

私はスタジオ撮りがメインだけど、ライアンは基本街撮りでリアリティのある写真が得意。たとえ被写体が同じでも全然違う。そこが面白いですよね。

 

 

今回の写真展のテーマ『BOYS STUDY』について教えてください

 

ライアン:今回の写真展のテーマ『BOYS STUDY』は、日本にきて10年以上住んでいる中で、日本男子にことを知り、彼らの魅力を写真を通して伝えたいと思っています。

 

モデルのほとんどは、街で声を掛けた一般人です。

みんなもそうだと思いますが、街でイケメンや美しい人をみたら、その人のヌードを見たくなる。純粋な欲求だと思います。

 

ですが、通常はその人のヌードを見ることはできないですよね?

本写真展では、街ゆく男たち(ガテン系の人、男子高校生、ストリートにいる男子)たちを写真に撮りおろし、そのヌードを見たいという欲求を、モデルを使ってヌードで表現しています。

 

 

BOYS STUDY (C) RYAN CHAN

 

必ずしも、ヌード=エロやセックスではないと思っています。

 

僕にとっては「新しいアイデンティティ」だと思いますね。その人の自然体の形を見たい。純粋な美しさへの追求、欲求です。

 

もちろん、エロティックさを目指していないわけではないですが、ピュアさとエロさの両方があると最高な写真になります。

僕がヌードを見たときのドキドキ感や興奮、好奇心を、写真を観た人にも共有したい。なかなか他人のヌードを見る機会はないと思うので、それをカメラマンの立場である僕が表現して人々に喚起させたい、そう思っています。

 

今回の作品は「現実とファンタジー」もテーマに掲げています。

最近は、東京の街×日本男子という組み合わせで撮影することが多いです。東京の街にあるネオンや、駐車場にある黄色のポール、工事現場など、外国人の僕にとって非常に新鮮で、とても刺激的です。

 

 

BOYS STUDY (C) RYAN CHAN

 

そんな東京の街と日本男子をミックスすることで、「現実とファンタジー」の融合を楽しめる作品になっています。

 

処女作「MAD TOKYO」と、最新作の「BOYS STUDY」はつながっていますね。

 

 

 

BOYS STUDY (C) RYAN CHAN

 

次のページ >> 二人の外国人写真家からみた、日本男子の魅力とは?

 

OTHER

LGBT

レスリー・キーによるLGBT写真展「OUT IN JAPAN」、渋谷ツ

ENTERTAINMENT

レスリーが安藤政信をヌードに!写真集発売&トークショーを開催

ENTERTAINMENT

新世代の写真家・中島大輔による「iPhone」写真展が開催

LGBT

橋口亮輔 × 田亀源五郎スペシャル対談!「LGBTと映画」を語る

ENTERTAINMENT

「美術手帖」がメンズ・ヌード特集。レスリーが池内博之を丸裸に!

LGBT

【インタビュー】レスリー・キー「1000人のLGBTを撮りたい」