毎日の射精で前立腺ガンを減少できる!?最新の研究が明らかに

May 27th, 2015
 

 

米ハーバード・メディカル・スクールの研究者たちの最新の研究で、日々の定期的な射精は、前立腺ガンのリスクを大幅に減少させる効果があることが分かった。

 

研究では、3万2000人の健康男性を18年間に渡り調査。調査開始のあとに前立腺ガンと診断された3839人と病気にかからなかった双方を様々な角度から比較。

その中で対象者には、20~29歳、40~49歳、1991年時、それぞれ月の平均射精回数のアンケート調査を行った。

 

 

結果は、その時の年齢に関係なく、計測された3点全てで、月の射精回数が多い男性の方が前立腺ガンのリスクを下げることが分かった。具体的には、年齢40~49歳層で、月21回以上の射精を行うことにより、22%の前立腺ガンリスクを減少できるとのこと。

 

同研究で、射精が前立腺ガンを低下させる要因は今のところ解明されていないが、前立腺ガンの予防に月の射精回数を増やすことは間違いないようだ。

 

それにしても、医学的に月21回以上の射精を推奨するということは、少なくても2日1回はセックスなりオナニーをするべきということになる。あなたはどうだろうか?

 

via : instinct

RECOMMENDオススメ記事

BEAUTY

マッチョでも”まだまだ小さい…”と感じてしまう精神疾患「筋肉醜形障害」

LOVE

セックスに革命!常識を覆すスプレー式コンドームが登場

LGBT

レズビアンのセックスレスを描いた秀逸ショートフィルム

LGBT

ジェームズ・フランコ「芸術面はゲイ、セックスはストレート」自身の二面性

LOVE

性欲をエネルギー変換できる。エコなアダルトデバイス

BEAUTY

太っているとセックスに有利? 肥満とセックスの関係性