サム・スミス「007」主題歌効果でアルバム売り上げ3倍に

October 26th, 2015

TOPsam-smith-in-the-lonely-hour-drowning-shadows-edition

 

 

サム・スミスが『007 スペクター』主題歌をリリースしたことで、昨年のデビューアルバムの売り上げが英Amazonで3倍以上となったことが分かった。

 

サムが主題歌を務めた『007 スペクター』の「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」は、同シリーズ史上初の英チャート1位を獲得する快挙を果たしており、その好影響がサムのデビューアルバム「イン・ザ・ロンリー・アワー」の売り上げにも及んでいる。

昨年5月にリリースされ1年半も経っているデビューアルバムだが、同主題歌が1位を獲得してからは216%以上もチャート順位を上げている。

 

「イン・ザ・ロンリー・アワー」は、今年2月の第57回グラミー賞にて主要部門を含む4冠の快挙となり、これまで全世界トータルセールス900万枚を超える大ヒットを記録している。

 

そんな絶好調のサムは、「イン・ザ・ロンリー・アワー」に、新曲やコラボ楽曲を加えた2枚組の新装版『In The Lonely Hour (Drowning Shadows Edition)』を11月6日に発売を予定している。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ゲイの著名人が多数参加する「007」シリーズ最新作がアツい

ENTERTAINMENT

サム・スミスが主題歌を務めた「007」ミュージックビデオを公開

ENTERTAINMENT

ホージア、サム・スミスの名曲『Lay Me Down』のカバーを披露

ENTERTAINMENT

サム・スミス、ディスクロジャーとコラボした新曲『Omen』ミュージック

FASHION

サム・スミスがバレンシアガの広告キャンペーンに登場

ENTERTAINMENT

サム・スミス&ジョン・レジェンド、『Lay Me Down』のチャリテ