地元ゲイがレコメンド!LGBTフレンドリー都市「ケープタウン」の魅力とは?

February 21st, 2017

今や世界中のゲイたちが最も熱い視線を送るリゾートシティといえば、南アフリカ最南端の都市「ケープタウン」だ。

 

その理由の一つに、アフリカ大陸54ヶ国中唯一『同性婚可能国』であり、LGBTフレンドリーな国民性やカルチャーが注目されている。

 

そんなLGBTフレンドリー都市「ケープタウン」の真の魅力を知りたいのなら、地元ゲイに聞くのが1番!

ということで、ケープタウンで人気ギャラリーを営む、オープンリーゲイのマイケル・チャンドラー氏に、ケープタウンのお勧めポイントを教えてもらった。

 

 

マイケル・チャンドラー

 

マイケル曰く、ケープタウンの魅力は、「アートが盛んなこと」「食が美味しいこと」「ゲイビーチがあること」の3つだそう。一つ一つ紹介していきたい。

 

 

ケープタウンはアートの街!

 

意外に思うかもしれないが、ここ南アフリカ・ケープタウンには街中にギャラリー、アート関連のショップが存在しており、アートシーンが非常に活発なのだ。

 

それを象徴するアートイベント「First Thursdays」が、毎月第一木曜日にケープタウンの繁華街で開催されている。

 

 

 

 

同イベントでは、参加する50店舗以上のギャラリー&ショップが、ワインやシャンパンを無料で配り、お客はお酒を片手にアートを鑑賞できる。

アートを身近に楽しむことをコンセプトにしたフリーイベントなのだ。

 

 

 

 

我々編集部も「First Thursdays」を訪れたのだが、とにかく活気がすごい!

 

日本で「アート」いうと少しばかり高尚なイメージがあるが、ここケープタウンでは老若男女、誰でも気軽にアートに触れ、自由に語り合っている。

 

 

 

 

 

 

たとえば、デートで訪れる20代前半のカップルもいれば、一見アートに関心のなさそうなガテン系の男達も「この絵画いいよなぁ~」なんて語り合っており、アートが人々に身近であることを肌で感じた。

同イベントは毎月開催しているので、アート好きは是非行ってみてほしい。

 

また、マイケルの「チャンドラー・ハウス(Chandler House)」も、ケープタウン随一の人気ギャラリーだ。

 

 

 

 

弱冠32歳ながら、アートの激戦区ケープタウンでギャラリーを営むマイケルは、度々アート誌でも特集されるほどの著名人物。

 

彼のギャラリーには、絵画や彫刻、陶磁器から、ゲイの画家によるイラストまで、アート&雑貨が所狭しと並んでいる。また、どれもお手頃プライスで、手の届くアートショップとして地元の人々に愛されている。

 

 

 

 

 

ぜひ、ケープタウンへ旅行する際はマイケルの店へも足を運んでみてほしい。

 

Chandler House
http://www.chandlerhouse.co.za

 

 

食のクオリティが高い!ローカルが本当にオススメするカフェ&レストラン

 

ケープタウンを知り尽くしているマイケルが、日本のゲイたちにオススメしたいカフェ&レストランを教えてくれた。

観光客向けではない、ローカルが本当に好む2つのお店を紹介。

 

The Power & the Glory

モーニングやランチではレストラン&コーヒーショップとして、夜にはバーとしても使える人気店「The Power & the Glory(ザ・パワー・アンド・ザ・グローリー)」。

 

 

 

 

サードウェーブ感のある店内は、ヒップスターが好みそうな雰囲気。

食事はというと、アボカドやケールを添えたスクランブルエッグやベジホットドッグ、フレッシュスムージーなど、ヘルシーなメニューが人気。

食後のコーヒーも格別だ。

 

 

 

michal Turnerさん(@mishtaash)が投稿した写真

 

 

CTFoodFavesさん(@ctfoodfaves)が投稿した写真

 

 

 

また、クリーンなイメージの昼に比べ、夜は少しムーディーな大人なバーとしても利用できるのがまた良い。

 

 

 

Heather Mooreさん(@skinnylaminx)が投稿した写真

 

The Power & the Glory
13D Kloof Nekweg, Tamboerskloof, Kaapstad, 8000 South Africa
公式Facebook

 

 

Clarke‘s

雰囲気&料理ともに評価が高いレストラン&カフェ「Clarke‘s(クラークス)」。

 

 

 

 

モーニングからディナーまで使えるお店だが、マイケル曰くお勧めはランチだそう。

ヘルシーなサラダをスターターにメインはハンバーガーやシーフードのプレートがお勧め。

 

 

 

 

 

 

ドリンクはフレッシュジュースから、地元のクラフトビールまで豊富にラインナップ。

どのシーンでもクオリティの高いサービス、ヘルシーでフォトジェニックな料理を提供してくれるケープタウン随一の人気店だ。

 

Clarke‘s
133 Bree StreetCape Town Central 8001, South Africa
公式サイト

 

次のページ >> ヌーディストビーチもあり!開放的な南国リゾート

 

OTHER

LIFESTYLE

編集部が体験、世界中のゲイに愛される旅行先「南アフリカ」を大特集!

LIFESTYLE

ゲイ向けレストランから、クラブ&サウナまで。「ケープタウン」のナイトラ

LIFESTYLE

南アフリカといえばこれ!一生に一度は体験してほしい野生体験「サファリ」

LIFESTYLE

シーフード&ワイン天国!南アフリカ「ケープタウン」で行くべきレストラン

LIFESTYLE

今1番ホットな旅行先、南アフリカ「ケープタウン」の魅力をギュッと紹介

LGBT

動物界で「同性カップル」は常識?雄ライオン同士の交尾写真が話題に