ゲイ・バイセクシャル男性は皮膚ガン発症率が高い、新研究結果

October 13th, 2015
via : Pink News

 

ゲイ、バイセクシャル男性は、ストレート男性と比べて皮膚ガン発症率が高いという研究結果が発表された。これは、米医療誌American Medical Association Dermatologyに掲載されたもので、ゲイやバイセクシャル男性の使用率が高い「日焼けマシン」が原因としている。

 

同研究は186,575人(ストレート男性78,487人、ゲイ・バイセクシャル男性3,083人)を対象にリサーチ。

その結果、ストレート男性は皮膚ガン発症率3.2%だったのに対し、ゲイ・バイセクシャル男性は6.7%と、2倍以上高い発症率なのが分かった。

 

これは、ストレート男性と比べて日焼けマシン使用率が高いことが挙げられ、その使用率に比例して発症率が増加している。1年以内に日焼けマシンを使用したストレート男性は1.6%だったのに対し、ゲイ・バイセクシャル男性は5.1%と、3倍以上の高い使用率が明らかに。

 

 

言うまでもなく、セクシャリティ自体は皮膚ガン発症率とは無縁だが、ゲイ・バイセクシャル男性が「日焼けを好む」傾向が高いことは事実。

男らしい褐色の肌は魅力だが、将来のことを考えると予防は必要不可欠だろう。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

LGBTの中で最も『人生満足度』が低いのはバイセクシャルという調査結果

LGBT

英・若年層の約半数は "バイセクシャル" 驚きの調査結果が明らかに

LOVE

毎日の射精で前立腺ガンを減少できる!?最新の研究が明らかに

LGBT

同性カップルにも『血縁関係のある子供ができる』最新の研究が明らかに

BEAUTY

「筋トレは考えるだけで筋トレになる」驚きの研究結果

LOVE

イケメンは金持ちと同じぐらい"ワガママ"という調査結果