連ドラ史上初、レズビアンをテーマにした土ドラ『トランジットガールズ』が11月よりスタート

October 22nd, 2015

1

Photo via : フジテレビ

 

 

連ドラとしてはテレビ史上初、レズビアンをテーマにしたフジテレビ系土曜ドラマ『トランジットガールズ』が11月7日より放送開始が発表された。

 

気になるそのストーリーは、親同士の再婚によりひとつ屋根の下で義姉妹となった2人が、最悪の出会いから恋に発展するというラブストーリーになるようだ。

ドラマの主人公2人は、オーディションにより選ばれた連ドラ初主演の女優伊藤沙莉と、雑誌ViViの専属モデル佐久間由衣がダブル主演を務める。

また、同ドラマは、フジの人気番組「テラスハウス」のスタッフが制作を担当。

 

ゲイやレズビアンテーマのドラマといえば、10月より放送開始している『偽装の夫婦』が大ヒット放送中だ。大手テレビ局がレズビアンドラマを制作したことで、今後LGBTテーマの作品が拡大するのではと予想されている。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ゲイの偽装結婚を描くドラマ「偽装の夫婦」、14.7%の高視聴率でスター

LGBT

米宝飾ブランドCMに、レズビアンカップルが登場

ENTERTAINMENT

ジュリアン・ムーア&エレン・ペイジがレズビアンカップル役を演じる『Fr

LGBT

【動画】ジャスティン・ティンバーレイク、レズビアン挙式でパフォーマンス

LGBT

米ヨーグルトメーカーが美しいレズビアンCMを公開

LGBT

【総集編】世界的有名なゲイカップル&レズビアンカップルまとめ