今1番ホットな旅行先、南アフリカ「ケープタウン」の魅力をギュッと紹介

>>【特集】編集部が体験、世界中のゲイに愛される旅行先「南アフリカ」を大特集!

 

「南アフリカ」と聞くと、どんなイメージを持っているだろうか?

 

広大なサバンナやジャングルは想像付くけど、なんだか危険そうだし、ちょっと怖い?

多くの人が持つアフリカのイメージだが、「南アフリカ」はこれらを全く感じさせない、今世界中で最も注目されている旅行先の一つだ。

 

今回ジェンクシー編集部が南アフリカを訪れ、観光からLGBT的アクティビティまで体験。

知られざる「南アフリカ」の魅力を数回に渡って紹介していきたい。

 

 

a-min

 

 

南アフリカ一の人気都市「ケープタウン」へ

 

南アフリカには多くの観光都市が存在するが、今回はその中でも1番の人気都市「ケープタウン」を訪れた。

 

南アフリカへは、日本から南アフリカ航空にて17時間。成田から香港経由で、南アフリカ最大の都市「ヨハネスブルグ」に到着する。最終目的地の「ケープタウン」へは、ヨハネスブルグから国内線に乗り継ぎ2時間で到着。

 

「アフリカ」と聞くと、日本から移動だけで何十時間も掛かるイメージだが、ヨーロッパの主要都市に行くのと大差ないのが驚きだ。

 

また、南アフリカは南半球なので11月~3月は夏。この時期ケープタウンは乾季にあたりベストシーズンとなる。よって年末年始は欧米諸国からリゾート地として多くの観光客が訪れる。

 

 

「南アフリカは治安が悪い」は本当?

「アフリカ」というと治安が悪く、危険なイメージを持つ人も少なくないだろう。

一口にアフリカといえど54ヶ国あり、ここはアフリカ大陸で最も栄えている国「南アフリカ」。

多人種国家なので、街には白人も多く、黒人、カラード(ヨーロッパ系白人とアフリカ系黒人の混血)、アジア人など、とてもバリエーションに富んでいる。

 

特にケープタウンは、世界中から観光客が訪れるリゾートシティとして、街の治安がとても良いことで知られており、他の海外旅行同様に、最低限旅のルール(①深夜に出歩かない、②危険とされるエリアに行かない等)を守れば、危険な目に合うことはまず無いだろう。

 

 

ケープタウンを一気見するなら、ヘリクルーズがおすすめ

 

 

img_5441-min

 

 

ケープタウンには、ランドマークであるテーブルマウンテン、喜望峰、世界遺産のロベン島など、多くの観光名所が存在する。

そんなケープタウンを一気見したいなら、手っ取り早くヘリコプターによるクルーズがおすすめ!

 

 

img_4255-min

ヘリで上空から見たケープタウン

 

ヘリのクルーズはガイド付きで、ケープタウンの市街から大自然を、20分と時間を掛けて見れるのが魅力。

またコースも、ケープタウンを1周するコースから、喜望峰やロベン島など目的地別に5種類から選択できる。

 

NAC Helicopters

www.nachelicopterscapetown.com

 

 

新・世界7不思議の一つ「テーブルマウンテン」へ

ケープタウンは、新・世界7不思議の一つ「テーブルマウンテン」が有名だ。

山の上が切り取られたように平らであることから付いたテーブルマウンテンは、ケープタウンのランドマークになっている。

 

頂上まではケーブルカーで登るのだが、360度回転しながら頂上へ向かうため、様々な角度からの眺望を楽しめる。

 

 

img_5485-min

 

img_5480-min

 

 

標高1086mの頂上につくと、山の頂上とは思えないほど平ら。

 

澄んだ空気が心地良く、大西洋を一望する180度の絶景は感動必至だ!!

 

 

img_5482-min

 

img_5483-min

 

 

頂上には、休憩スペースとカフェがあり、テラス席で景色を楽しみながら暫しのブレイクタイム。

丁度夕暮れ時だったこともあり、太陽が西の空へ沈みゆく幻想的な空に。

 

 

%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%91

 

%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%92

 

 

夕焼けに赤く染まる空を見ながら白ワインを飲む贅沢。

まるで雲の上にいるかのような感覚は、ぜひ一度体験してほしい。

 

 

大航海時代のロマンを感じる「喜望峰」

 

テーブルマウンテンと並び、ケープタウンの観光名所の一つ「喜望峰」。

 

大航海時代の1497年に、バスコ・ダ・ガマがインド洋航路を発見した際に「喜望峰」と名付けた世界で最も有名な岬だ。

アフリカ大陸の最南西端にあたり、大西洋とインド洋がぶつかる場所に位置している。

 

 

img_5488-min

画像の先端にあるのが喜望峰。1番先の方まで歩いて行ける。

 

喜望峰のあるケープ半島は、そのほとんどが国立公園で、世界遺産に指定されている。

 

園内には、数千種の珍しい植物が生い茂る大自然の宝庫。喜望峰の眺めも最高だが、そこに行くまでの大自然のハイキングコースも楽しい。

 

 

img_5490-min

 

 

アフリカにペンギン!ケープ半島に生息するキュートなペンギンたち

 

ケープ半島国立公園内にある「ボルダーズビーチ」には、アフリカ大陸唯一のペンギン「ケープペンギン」の生息地。

 

ビーチに入ることはできないが、海外沿いの歩道から3000羽以上のペンギンたちを間近で見ることができる!

 

 

img_5489-min

 

img_5487-min

 

 

 

Makito Uechiさん(@makitouechi)が投稿した動画

 

 

ペンギンたちは丁度日向ぼっこ中。太陽の方へ向かって顔を上げて静止している様子が可愛い。。。ケープタウンにきたら必ず訪れてほしいスポット。

 

 

次のページ >> 大自然だけじゃない!ヨーロッパな街並みのケープタウン

 

RECOMMENDオススメ記事

LIFESTYLE

編集部が体験、世界中のゲイに愛される旅行先「南アフリカ」を大特集!

LIFESTYLE

ゲイ向けレストランから、クラブ&サウナまで。「ケープタウン」のナイトラ

LIFESTYLE

地元ゲイがレコメンド!LGBTフレンドリー都市「ケープタウン」の魅力と

LIFESTYLE

南アフリカといえばこれ!一生に一度は体験してほしい野生体験「サファリ」

LIFESTYLE

シーフード&ワイン天国!南アフリカ「ケープタウン」で行くべきレストラン