ゲイの為の本当に正しい「ヒゲ・眉毛/グルーミング講座」

June 19th, 2017

【眉毛の正しい整え方】

顔の印象を作る上で、眉毛はとても重要なパーツです。

しかし間違った眉毛のケアをしている人を多く見るので、今一度自分の方法が間違っていないかチェックしてみてください。

 

 

①眉毛の長さを調節

眉毛の長さを調節する時は、小さなハサミとコームを使ってカットする人が多いですが、けっこう面倒くさいですよね?

そこで、おすすめしたいのがパナソニックの「マユシェーバーキット」。付属アタッチメント付きで、簡単に眉の長さを整えることができます。

 

まずはアタッチメント8mmをセットします。

眉の長さを均一に整えたい人であれば、眉尻〜眉頭にかけてゆっくり動かします。何度も繰り返すことで長さが均一になります。

 

また、「眉の長さを均一に揃えたくない」「長さはカットしたいけど太眉は維持したい」という人に私がオススメしたいのは、マユシェーバーを上下に動かすことです。

 

 

 

 

眉毛を間引く感覚で上下に動かしましょう。何度か繰り返します。

これにより、均一な長さではなく、適度にラフで自然な眉毛の長さになります。

 

「均一」か「ラフ」か、これはお好みなので、自分のスタイルに合わせてチョイスしてみてください。

 

 

眉頭、眉山を決めよう

眉毛のカタチを作る上で大事なのは「眉頭」と「眉山」の位置です。

 

 

眉頭の位置は小鼻の付け根と目頭を結んだ延長線に。

眉山は目を開き前を向いた黒目の外側位置の上が理想です。

 

 

③ムダ毛を処理していこう

眉頭を決めたら、それより眉間に生えている毛は処理しましょう。

眉間の間が狭いと神経質で頑固な印象を持つので、眉間は鼻筋よりやや広く開けると人相が良く見えます。

 

次に、目を閉じた時にできる「アイホール」に、うぶ毛が生えていれば処理しましょう。

 

④整えるのは「眉山」まで!眉尻はノータッチ

眉毛を整えるポイントは、「整えるのは眉山まで!」ということです。眉尻はなるべく触りません。

 

 

 

 

眉尻まで整えると、形のハッキリした曲線の眉毛となり、男らしい眉毛から遠のいてしまいます。

眉頭から眉山までを処理してラインを整え、眉尻方面は自然に残すことで、手入れしすぎていない”抜け感のある”眉毛になるのです。

 

 

ウケのいい「太眉」を作るポイントとは?

ゲイたちにウケのいい眉毛といえば、やはり男らしい「太眉」ですよね。ただ、太眉でも、眉尻までキレイに整えてしまうと、どこか違和感がでてきます。

 

そのためには「整えるのは眉山まで!」を徹底し、基本的に剃っていいのは眉毛ではなくうぶ毛だけです。また、うぶ毛を剃って良い場所は眉の下部分のみで、眉の上部を剃るのはNGです。

適度なラフ感、これがモテる太眉を作るポイントです。

 

 

「眉毛が薄くて悩んでいる、、、」そんな人へ裏技を紹介

「男らしい太眉がいいけど、眉毛が薄いから思ったようにできない…」そんなお悩みを持つ方は、あえて眉の外側(アウトライン)のうぶ毛を綺麗に処理することをオススメします。うぶ毛を処理することで眉の輪郭がハッキリし、眉の存在感がUPします。

 

また、眉毛の本数を多く見せたい、眉毛の存在を強くさせたいという方は、お手持ちの「リップクリーム」を塗りましょう。

方法は簡単。リップクリームを指にとり眉毛の毛流れにそって塗るだけです。眉毛に艶が出ると眉毛の存在感が増して、毛の量が多くなった印象をうけます。軽く艶がでる程度に付けるのがポイント。

 

また、各メーカーから発売されている「まつげ美容液」を眉毛に塗るのも増毛に効果的なので、ぜひ実践してみてください。

 

次のページ >>見落としがちな「鼻毛」「耳毛」も!

 

OTHER

READY FOR SUMMER?

みんな普段どうケアしてる?男子5人による「メンズ美容座談会」

READY FOR SUMMER?

【動画】GOGOススムが「アンダーヘア」の処理にトライ

READY FOR SUMMER?

海外ではもはや常識!各国の「アンダーヘア事情」

READY FOR SUMMER?

小顔効果抜群!いま話題の「美顔ボイトレ」とは?

READY FOR SUMMER?

人には聞けない「お尻の毛の処理」パーフェクトガイド

READY FOR SUMMER?

いま最もホットな男「SUSUMU」に聞く、カラダのすべて