男も日焼け止めは必須!夏の正しい「UVケア」とは

July 6th, 2017

夏には、太陽に焼けた肌が男らしさをアップしてくれる・・・がしかし、そんなこと言ってられるのも今のうち!

 

UVケア(紫外線対策)をしないでガンガン日焼けをしていると、歳とともに深刻な肌トラブルを引き起こす原因となる。今回はそんな「日焼け」の基本知識から、男子にオススメの日焼け止めまでを紹介。

 

そもそも、紫外線はなんで肌に悪いの?

 

 

紫外線(UV)には、肌細胞を壊す「UV-A」と「UV-B」が含まれている。

UV-Bは日焼けの原因で、過度な照射は肌表面に火傷を引きおこし、これが皮膚ガンやシミの原因となる。

UV-Aは、肌への直接的なダメージこそ少ないものの、肌の奥まで届き、コラーゲンなどを損傷。長期的にみてシミやシワの原因となる。

 

この紫外線による肌ダメージのことを「光老化」といい、将来的にシミシワだらけの肌になりたくなければ、この光老化を抑えるべくUVケアは必須なのだ。

 

 

日焼け止めの選び方

日焼け止めには、紫外線(UV)への防御力を「SPF」「PA」という二つの数値で表している。

これらの数値が高ければ高いほど日焼けを防ぐことができるが、数値が高いものほど肌への負担が大きくなる。

よって、単純に数値が高いものを常に利用するのではなく、使うシーンによって日焼け止めをセレクトしよう。

 

・買い物などのちょっとした外出時(SPF10~30)

・レジャー・長時間の炎天下の中(SPF30~50)

 

また、日焼け止めでも大きく5つのタイプ(ジェル、ミルク、クリーム、パウダー、スプレー)に分けられる。

男性にオススメなのは、普段使いなら付け心地重視のジェルタイプ。長時間のスポーツやレジャーなどでは、カバー力に優れたウォータープルーフのクリームタイプが良い。

以下、オススメの日焼け止め3つを紹介していこう。

 

 

 

紫外線量世界2位のシンガーポールにて、日焼け止め売り上げNo.1

紫外線の量が世界2位というシンガーポールにて、日焼け止めカテゴリーの売り上げ1位を記録しているビオレのUVシリーズ。

中でも「アクアリッチウォータリーエッセンス」は、ウォータープルーフタイプで、UVカット力は「SPF50+/PA++++」すべてにおいて最高値!

軽い付け心地が男でも使いやすい。

 

「アクアリッチウォータリーエッセンス」50g
公式サイト

 

 

 

ウォータープルーフながら、石鹸で簡単にオフできる

オルビスから新発売された「サンスクリーン スーパー」は、同ブランド初のスーパーウォータープルーフ。みずみずしい使用感で使い心地は抜群。カバー力はマックスの「SPF50+/PA++++」ながら、石鹸でするりと落ちる利便性を兼ね備えた日焼け止め。

 

「サンスクリーン スーパー」
1500円(税別)50g
公式サイト

 

 

 

100%天然成分でできた、肌に優しいオーガニックの日焼け止め

オーストラリア発のオーガニックコスメブランド「パーフェクト ポーション」から、なんと100%天然成分でできた「SPF50」のアウトドア用日焼け止めが誕生。通常、日焼け止めは肌への負荷も大きくなるのだが、同製品はホホバオイルなどの天然成分100%でできているため、非常に肌に優しい日焼け止めだ。

 

「アウトドア サンスクリーン SPF50 PA+++」
2400円(税別)50g
公式サイト

 

 

日焼け止めは「塗り忘れ」に注意を

日焼け止めを塗るときは、肌が露出している部分すべてに塗る必要がある。

顔や腕はもちろんのこと、死角となる首の後ろや、耳の裏なども忘れずにしっかりと。後ろから見て「後ろ首周りだけTシャツ焼けしてる、、、」なんてことにならないようにね。

 

適度な日焼けはビタミンDを生成し、活力をもたらしくれるのだが、過度な日焼けは長期的に見ると、シミ・シワ・くすみ・そばかすのオンパレードに・・・。

そうならないために、日差しが強い夏の間だけでもUV対策はしっかりと行おう。

 

RECOMMENDオススメ記事

BEAUTY

編集部がセレクト、この夏オススメの「メンズコスメ5選」

BEAUTY

プリケツを目指せ!「お尻」の集中トレーニング方法

BEAUTY

ゲイの為の本当に正しい「ヒゲ・眉毛/グルーミング講座」

FASHION

この夏着たい、2017年の新作「水着」を一挙紹介

BEAUTY

みんな普段どうケアしてる?男子5人による「メンズ美容座談会」

BEAUTY

”アンダーヘア”もケアできるシェーバー「ボディトリマー」が新発売