2016/02/21

脳の萎縮を防ぐには、40代の運動が鍵(新研究)

running image-top

 

 

歳を取ると起こる「脳の萎縮」。

その脳の萎縮を予防するには、40代の運動が鍵になるという新研究結果が発表された。

 

通常、脳は年を取ると萎縮して認知機能が低下するが、米ボストン大学などの研究チームによると、運動によって脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性があるという。

 

研究では、平均年齢40歳の1583人にランニングマシンで運動してもらうテストを実施。20年後に再度テストを行って、脳の状態をMRIで調べたところ、ランニングマシンの運動成績の低い人は、脳が萎縮していることが分かった。

 

また、運動成績が低かった人のうち、心疾患の症状がなく高血圧の薬も飲んでいない人は、脳の老化が1年分加速していた。一方、心疾患の症状があったり薬を飲んだりしている人は、2年分の脳の老化が進んでいたという。

 

同結果から、研究を行ったニコール・スパルタノ氏はこう語る。

「我々は運動能力の低い人達の脳の低下に相関性があることを発見しました。また、歳を取った際の心疾患や高血圧割合も、運動能力の高い人に比べて高いことが分かっています」

「運動をすれば血流が増えることで脳に運ばれ、歳を取ってからの認知力の低下を防止することにつながります」

 

もし、脳の萎縮、心疾患、高血圧を予防したいのであれば、40・50代の中年期の運動は欠かせないだろう。

 

via : Telegraph

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

絶品でフォトジェニックな”上陸系”グルメバーガー

頭皮をデトックス!メンズにおすすめの「頭皮ケア」アイテム

ルッキングを超えるゲイドラマ?──『メリー・アン シングルトンの物語』

今週末はゲイ映画を観よう!ホットな映画をピックアップ

出会い系アプリで「リアル率」をあげるコツ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

ご飯デートの穴場は「新宿御苑前」にあり

LOVE

デート3回目の壁を乗り越えろ…!7つのコツを伝授

BEAUTY

GOGOボーイに聞く筋トレ術──サスケ編

LOVE

日本でも増えるPrEPのための「見守りクリニック」とは?

CULTURE

日本が舞台の「クィア・アイ」配信スタート!水原希子、渡辺直美も登場

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline