2015/03/12

映画「アリスのままで」オープンリーゲイ監督リチャード・グラッツァー氏、難病ALSにて死去

photo via:ACESHOWBIZ

 

第87回アカデミー賞でジュリアン・ムーアがオスカーを獲得したことでも話題の映画「アリスのままで」。監督を務めたオープンリーゲイのリチャード・グラッツァー氏が、3月10日にALS(筋萎縮性側索硬化症)にて死去したことが分かった。63歳だった。

 

グラッツァー氏は、ゲイを公言するオープンリーゲイ監督。2013年には現在の夫であるパートナー、ウォッシュ・ウェストモアランド氏と同性婚を果たしている。

 

グラッツァー監督は、「アリスのままで」の企画を受ける前の2011年に難病ALSを発症、先日のアカデミー賞でも重篤状態だったと関係者は話している。ウェストモアランド氏は、病に侵されるグラッツァー監督を支え続け一緒に映画を製作、完成させた。2人の血と涙の結晶である「アリスのままで」は、見事オスカーを受賞する快挙を成し遂げたのだ。

 

 

ウェストモアランド氏は、愛するパートナーの死去についてこう語っている。

「非常にショックを受けています。彼は私のソウルメイトで、協力者、親友でもあり、私の人生そのものでした。彼は4年間もの間病気と闘いました。彼と一緒に作り上げた『アリスのままで』が世界中に広がり、多くの人から勇気と感動をもらっています、それが私の癒しです。」

「彼と過ごしたのは20年間という短い期間でしたが、彼と一緒に過ごした日々を忘れません。私を含め、彼を愛してくれた人々の心の中で、彼は永遠に生き続けてくれることでしょう。」

 

 

3

 

 

映画『アリスのままで』は、2015年6月27日(土)より全国ロードショーされる。

関連記記事>>ジュリアン・ムーア主演、魂を揺さぶる感動作『アリスのままで』が劇場公開

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline