トランスジェンダー女性は、明日にでも妊娠可能?

December 4th, 2017

「トランスジェンダー女性でも妊娠できる」とした、驚きの研究が発表されました。

 

アメリカ生殖学会の会長リチャード・パールソン博士は、男性から女性に性別移行したMtFトランスジェンダーに、子宮移植できると学会で発言。英インディペンデント紙ら、各国のメディアで話題になっています。

 

 

 

パールソン博士によると、子宮移植は前例があるため、それがトランスジェンダー女性であっても「子宮移植は明日にでも可能」とのことです。

 

手順としては、まず体外受精による胎児を移植し、出産は自然分娩ではなく帝王切開で取り出すそう。合わせて、妊娠した女性の体に起こる変化を似せるために、女性ホルモン注射も必要となるそうです。

 

ちなみに、過去に子宮移植で出産に成功した事例も報告されています。

2014年、生まれつき子宮を持たない36歳の女性は、60歳の友人から子宮提供を受け出産に成功。これが世界初となり、それ以降は世界中で移植された子宮から8人の子供が生まれているそうです。

 

このことから、出生時は男性のトランスジェンダー女性でも、妊娠できる可能性が十分にあるそう。今後事例が生まれそうですね。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

主人公は「トランスジェンダー女性でレズビアン」。NHKドラマが来年1月

ENTERTAINMENT

主演もトランス女性!南米発のトランス映画『ナチュラルウーマン』日本公開

LGBT

イギリス人の40%が「ゲイのセックスは自然の摂理に反する」と考えている

LGBT

ギリシャ神話に登場する「LGBTの神々」20人

LGBT

ゲイパパの子供は、ストレートの子供と同様に健康で幸せ(研究結果)

LGBT

ゲイ疑惑の俳優コルトン・ヘインズ、SNSにて「妊娠写真」を公開