サードウェーブの先駆け「ポートランド」の魅力とは?

May 19th, 2016
GENXY PROMOTION

 

近年大きなトレンドになっている「サードウェーブ」。

サードウェーブとは「第3波」という意味で、大規模な消費社会ではない、ローカルでこだわったコーヒーや、そこから始まる丁寧なライフスタイルや文化を指す。サードウェーブコーヒーに始まり、 サードウェーブ男子なる言葉まで誕生している。 

 

そんなサードウェーブの火付け役である「ポートランド」について、人気ガイドブック『TRUE PORTLAND』を手がけた松井さんに、その魅力を聞いてみた。 

 

 

エースホテル

*ポートランドにある有名なエース・ホテル

 

ポートランドが、「ヒップでインスピレーション溢れる街だ」と言われて久しい。

様々な要素がこの街をユニークでヒップなものにしていると思うのだけども、2007年から毎年、最低2年に1回はこの街を訪れ、かつ「TRUE PORTLAND」を編集している過程で見つけた、MUST SEEなポートランドっぽいとお勧めできる場所、イベントを4つピックアップして紹介したい。 

 

 

1:ポートランドのクラフト精神をそのままカタチにしたようなプロダクトが並ぶ「TANNER GOODS」 

 

TannerStore_9623

 

 

ポートランド、というと皆真っ先に頭をよぎるであろう単語「DIY」。

ポートランドはとにかく、自分たちでなんでも作って、販売してみる、というスタンスが根付いている街だと思う。それがマーケ ティング的にどうとか、ビジネスチャンスがどうとか、そんなんじゃねーんだ!という精神が感じら れるブランド、プロダクトがあふれている。

 

そして、Portland Made(ポートランド製)であることに誇りをもっている。この「TANNER GOODS」は、まさにそんな精神を地でいき、真摯にものづくりをつづけているレザーブランド。日本でも取り扱いがあるようなので、見たことがある人もいるかもしれない。一生モノの質実剛健なプロダクトを旅の初日にここで手に入れてから、気持ちを新たにして街を散策、というのがいつもの僕のパターン。 

 

TANNER GOODS
1308 W Burnside Portland, ORE 97209
http://www.tannergoods.com/

 

 

2:本当にユニークな「Portland Button Works」 

 

IMG_3647

 

 

ここはすごい。ナイキでデザインをしている友人が「チェックした方が良いぞ!ポートランドぽいから!」とおしえてくれた。バッジなどをカスタムで製作することができる店。

 

独特の色使いの建物の佇まいもさることながら、足を一歩踏み入れた瞬間のちょっと緊張する感じ。そう、この感じは日本でも、間違って常連しかいない場末のバーやスナックに迷い込んだ時のあの感じ。

ポートランドがユニークたる所以のひとつはこういう自身たちのフィロソフィーを貫いて、ビジネスを成立させている店が多くあって、それをさらにローカルがサポートしている(買い物と飲み食い)というところだと思う。

 

(店舗は今移転中とのこと)
http://www.portlandbuttonworks.com/ 

 

 

3:1日の始まりよければ、全てよし。朝食を「Sweedeedee」で

 

IMG_7272

 

 

ポートランドは食事が美味しい。本当に美味しい。しかも安い。この街はアメリカの他の大都市と並んで全米のフードシーンを牽引している街の一つだと思う。

有名なシェフやレストラン、バーなんかも数多く存在しているし、地域のコミュニティが新しいレストランやバー、カフェなどに積極的にサポート(つまりは飲み食い)することで、そういった文化をうまく育成するような仕組みができているよう。

 

数多オススメはあるのだけども、まず最高の朝食がとれればその日は最高確定、という信念 に基づいて「Sweedeedee」をオススメしたい。ここは平日でも並んでいるし、けっこうハードルは高いかもしれないけども、一度行く価値はあり。何を頼んでも美味しいし、なによりもあなたの始まったばかりの1日を忘れられないものにしてくれるからね。 

 

Sweedeedee
5202 N Albina Ave,Portland, OR 97217
http://www.sweedeedee.com/

 

 

4:LGBTQ コミュニティのお祭り「ポートランド・プライド」 

 

ポートランド・プライド

 

 

この街の強いところは、多様性を大いに受容する姿勢だと思う。

ファッション、出自、人種、性別、 愛のカタチ、なんでも関係なくこの街は受け入れてくれているように思う。もちろん僕のように単 に旅で訪れるのと、実際に住むのでは感じ方も異なるのかもしれないが、間違いなく何事に対してもオープンであるということは断言できる。その姿勢がカタチになったものの一つが、毎年6月に開催されている「ポートランド・プライド」。 

 

これは LGBTQ コミュニティを祝福する文化的祭典で、全米でも最大規模だそう。プライドの時期は街中のいたるところにレインボーフラッグが掲げられ、お祭り騒ぎ。多種多様なイベントが同時に行なわれているから、一度参加してみるのはいかがだろうか。 

 

なお、ポートランドプライドは、HISのスタディーツアーにて絶賛受付中。興味あれば是非ともチェックしてみて欲しい。

 

関連記事 >> LGBTが多く住む都市ポートランドの「LGBTプライド」に参加しよう!

 

 

ポートランドに限らず、街の魅力はその規模の大小に関わらず伝えきることなんてできない。 ましてや、それがポートランドのように、多種多様なことが常に起こりながら発展しているような街であればなおさらだ。

 

DIY、食文化、コーヒー、ビール、スポーツ、大自然、都市としての多様 性、などなど様々な切り口があると思う。 全部を一気に体験してみようとするのではなく、まず一つ、自分の興味があるものを中心に体験して、掘り下げてみる、というのもひとつの手かもしれない。

 

大丈夫、街は逃げることなく、あなたを待っている。一度で足りなければ、二度、三度でも訪れたらよいのでは。好きな映画を何度も見るとその度に新たな発見があり、もっとその映画を好きになるように、この街も訪れる回数に比例してその魅力は増していくのだ。

 

魅力に溢れる都市「ポートランド」に是非行ってみてほしい。詳細はこちら

 

Text:Akihiro Matsui

OTHER

LGBT

全米屈指のLGBTフレンドリー都市「ポートランド」のプライド・パレード

Mondo Alfa

イタリアンには「イタリアワイン」を!-プロが教える魅惑のイタリアワイン

Mondo Alfa

普通のホームパーティーに飽きたあなた。イタリア式ホームパーティーはいか

LIFESTYLE

都内で楽しむ「極上の銭湯&スパ銭」10選

LIFESTYLE

「パンケーキ × ポップコーン」魅惑のコラボレーションが限定発売!

FASHION

トーキョーバイクと人気ホテル『ACE HOTEL』のコラボ自転車が新発