カナダのイケメン新首相、ゲイの議員一家と写真撮影

November 11th, 2015
写真左:スコット・ブリソン氏 中央:パートナーのマクシムさん、右:トルドー首相

 

カナダで10年ぶりに政権交代を果たした自由党のジャスティン・トルドー新首相。

43歳のイケメン首相として注目を集めているが、先日、同国のスコット・ブリソン議員一家との記念写真が話題になっている。

 

スコット・ブリソン氏(行財政管理調整委員会の委員長)は、オープンリーゲイ議員であり、彼には同性婚をしたパートナーと2人の子供を持つ。

ブリソン議員一家とトルドー首相の心温まる写真に、「世界でもこれだけゲイフレンドリーな国はほとんどない」として、大きな反響を得ている。

 

 

LGBTフレンドリーのトルドー首相は、多様性を重視した政治方針も大きな注目を集めている。

先日発足した新内閣では、セクシャリティ、人種、宗教の有無をなくし、閣僚を男性15人女性15人の男女同数にした。

 

11月4日の記者会見において、閣僚を男女同数にした理由を問われた際に「なぜだって?だって、今は2015年だからね」と答え、大きな称賛を浴びている。

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

実際のゲイカップルを起用した、「キャンベル」のキュートなCMが話題

LGBT

【総集編】2015年上半期のLGBTニュース総まとめ!

LGBT

82歳と85歳のゲイカップルが、54年間の交際を経て同性婚!

LGBT

「伝統よりも幸せを選ぶ」コカ・コーラの秀逸ゲイ広告

LGBT

『ゲイ幸福度指数』ランキングが発表。第1位はアイスランド。日本は果たし

LGBT

【インタビュー】LGBT先進国オランダから学ぶ、日本で同性婚を可能にす