アップル新iOSにて、同性婚や人種など、多様性に富んだ絵文字の導入へ

February 25th, 2015

1

 

 

 

アップルの新iOSアップデートにより、人種間の肌の違い、LGBTや同性婚など、多様性に富んだ絵文字を新たに追加することが分かった。

 

 

日本発の万国共通語『Emoji(絵文字)』は、アップルやグーグルの働きにより国際規格として組み込まれ、世界中に波及してきた。

しかし、以前よりアップルの絵文字は白人メインのものとして、一部のユーザーから非難を浴びていた。この問題に対応する形で、ダイバーシティーを考慮し絵文字の追加に至った。

 

 

今回追加される絵文字は、人種間だけでも6つの肌色から選ぶことが出来、ゲイファミリー、レズビアンファミリー、またその子供たちなど、LGBTフレンドリーな絵文字が多数追加される。

 

なお、新iOSアップデート日は現在未定だが、新しい絵文字の導入を楽しみに待ちたい。

 

 

 

 


 

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

中国「旧正月のカミングアウト」をテーマにした、感動のショートムービー

LGBT

タイ、男3人で同性婚ならぬ『3人婚』挙式が話題に

LGBT

【動画】LGBTをテーマにした海外の面白CM5選!

LGBT

【動画】ニコン新広告に黒人ゲイファミリーを起用

LGBT

【総集編】2014年カミングアウトした有名人まとめ

LGBT

「プラダを着た悪魔」でお馴染みのエミリー・ブラントがゲイアイコン発言