アカデミー賞「脚色賞」に輝いたグレアム・ムーア、感動の受賞スピーチが話題に

February 24th, 2015

名称未設定-3

 

 

 

 

昨日のアカデミー賞で見事『脚色賞』に輝いた「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」で脚色を務めたグレアム・ムーア、彼の受賞スピーチが今年のベストスピーチだとして話題になっている。

 

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」は、ゲイの天才数学者アラン・チューリングを描いた伝記映画。彼はPCなどの人工知能のベースとなった偉大な人物にも関わらず、英国政府に50年もの間極秘にされ、ゲイという理由でわいせつ罪で逮捕、42歳の若さで自殺してしまう。

映画では、アラン・チューリングをベネディクト・カンバーバッチが熱演した。

 

 

本作の脚色を手がけたグレアム・ムーアはオープンリーゲイ。

彼は受賞スピーチで、アラン・チューリングへの敬意と、世界中の悩める子供達へメッセージを贈った。

 

 

 

ー グレアム・ムーア スピーチ全文 ー

「皆さんありがとうございます!映画の主人公、アラン・チューリングは、このような舞台で表彰されることはありませんでした。でも、私は今立っています。これは不公平ですよね。なので、短い間だけどメッセージを伝えたいと思います。」

 

「私は16歳の時、自殺未遂をしました。自分は人と違っていると思っていたし、いつも居場所が無かったんです。でも、私は今このステージに立っています。」

 

「かつての自分がそうだったように、この映画を、そういう子供たちに捧げたい。自分は変わり者で居場所がないと感じている若者たちへ。君たちには居場所があります。そのままで大丈夫。輝く時が来るんだから。そして、いつか君がこのステージに立つ時がきたら、このメッセージを次につなげて欲しい。受賞できて嬉しいです、本当にありがとう。」

 

 

 

 

 

 

 

 

グレアムは自身の自殺未遂を踏まえ、世界中の子供達へ素晴らしいメッセージを贈った。

彼の受賞スピーチに会場はスタンディングオベーション!まぎれもなく今年のアカデミー賞ベストスピーチだ。

 

 

ゲイの天才数学者の孤高の人生を描く話題作「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」は3月13日より全国ロードショーされる予定だ。

アラン・チューリングの人生、彼の偉業を是非その目で確かめてほしい。

 

 

 

 

a6

 

 

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

2015年3月13日(金) TOHOシネマズ みゆき座他、全国ロードショー。

(C) 2014 BBP IMITATION, LLC

http://imitationgame.gaga.ne.jp

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

アカデミー賞2015、受賞結果を一挙紹介!

ENTERTAINMENT

ベストセラー小説を感動の映画化『きっと、星のせいじゃない。』2/20よ

ENTERTAINMENT

ガガ、アカデミー賞にてスペシャルパフォーマンス決定

ENTERTAINMENT

華やかな映画の祭典!アカデミー賞授賞式の見所に迫る

ENTERTAINMENT

【動画】サム・スミス『Lay Me Down』MVが公開

ENTERTAINMENT

大富豪による金メダリスト射殺事件を描いた衝撃作『フォックスキャッチャー