『OUT IN JAPAN』写真展がスタート。ソニン、レスリーらがオープニングイベントに登場

September 13th, 2015

 

 

LGBTカミングアウト・フォト・プロジェクト『OUT IN JAPAN』第二弾の写真展が、日比谷シアタークリエにて9月11日よりスタートした。

 

日本のLGBTにスポットを当てた『OUT IN JAPAN』は、5年間で1万人のLGBTを撮影するというカミングアウト・フォト・プロジェクト。今年4月の第一弾に続き第二弾でもフォトグラファーとして参加したレスリー・キーや、上演中のミュージカル『RENT』に出演中のソニン、平間壮一らがオープニングイベントに登場した。

 

今回の『OUT IN JAPAN』は、『RENT』のビジュアル撮影を手掛けたレスリーとのコラボレーションにて実現。NYを舞台にLGBTも多数登場する名作ミュージカル『RENT』に出演しており、バイセクシャルのモーリーン役を演じるソニンと、ドラァグクイーンのエンジェル役を演じる平間壮一らが、『RENT』『OUT IN JAPAN』を通してLGBTについて語った。

 

 

修正4

 

 

平間壮一「レスリーからは、『RENT』のビジュアル撮影の際に、ドラァグクイーンの仕草など様々なことを教えてもらいました。とても素晴らしい経験が出来て嬉しかったです。」

ソニン「私は自他共に”LGBTフレンドリー・ソニン”と言われるぐらいLGBTフレンドリーなんですよ。周りにも多くのLGBTの方々がいるので、LGBTを知らない、分からない人たちの架け橋となれればと思っています。」と語った。

 

今回の『OUT IN JAPAN』について、撮影した人々の印象を聞かれたレスリーは、

「LGBTの人たちはそれぞれストーリーを持っている。1分で終わる撮影もあれば、10分かかる人もいる。彼らを切り取って表現したのがこの『OUT IN JAPAN』の写真たちなんだよ。」「日本のLGBTを勇気付けたいと思いこのプロジェクトに参加したのだが、逆に参加した人たちから勇気をもらっているよ」と語った。

 

 

また、イベントには、『OUT IN JAPAN』の公式テーマソング『WE ARE ONE』を担当した歌手のKi-Yo(清貴)さんも登場。今年4月、ゲイであることをカミングアウトしたKi-Yoさんは、今回の第二弾撮影にも参加しており、自身のカミングアウトも含めた思いを語った。

 

 

修正3

 

 

Ki-Yo「僕は渡米(NY)していた際に、サム・スミスやゲイの人たちの活躍を見て勇気を貰い、カミングアウトに踏み切ることができました。微力ながら、今後日本のLGBTをサポートしていきたいと思っています。」と語った。

 

関連記事>>歌手Ki-Yo(清貴)さんがカミングアウト

 

***

 

『OUT IN JAPAN』第二弾写真展は、『RENT』上映中の日比谷シアタークリエのエントランスにて展示されており、チケットが無くても閲覧可能。

 

『OUT IN JAPAN #002』写真展

開催期間:9月11日(金)〜10月9日(金)

場所:日比谷シアタークリエ 1Fエントランス

入場:無料

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

世界初、スペインにてゲイの警察官同士が同性婚

ENTERTAINMENT

美少年俳優から世界的ユーチューバー、シンガーとして活躍するトロイ・シヴ

LGBT

【インタビュー】レスリー・キー「1000人のLGBTを撮りたい」

LGBT

カミングアウト・フォト・プロジェクト『OUT IN JAPAN』第二弾

LGBT

【総集編】世界的有名なゲイカップル&レズビアンカップルまとめ

LGBT

歌手、Ki-Yo(清貴)さんがカミングアウト