海外ではもはや常識!各国の「アンダーヘア事情」

May 1st, 2017

日本人男性にとって馴染みが少ない「アンダーヘア」の処理だが、欧米人は男女ともにケアすることが常識となっている。

 

 

“アンダーヘア先進国”のアンダー事情とは?

「欧米でアンダーヘア処理は当たり前」と日本人にいわれても、具体的にどの程度なのかわからない。

例えていうならば、欧米人がアンダーヘアを処理する感覚は、日本でいうところの「社会人は髭を剃るのが当たり前」とほぼ同感覚といわれているほどだ。

ただ一口に海外のアンダーヘア事情といえど国ごとに若干異なっている。

 

アメリカだと、男女ともにVIOラインはツルッツルが当たり前。

ただ男性の場合は、アンダーヘアはちゃんとケアするものの、上半身の毛(胸毛や腕など)はセクシーと捉えられているのでほぼケアをしない人が多い。これはゲイ男性と感覚の近いものがある。

 

フランスでは、アンダーをケアする人とそうでない人の差がハッキリ分かれている。

個人を尊重する文化のため、ケアをする人は徹底的にし、しない人は本当に何もしない。ただ、スタイルにこだわるパリジャンの多くはアンダーヘアを全剃りor 短めにカットしている。

 

 

アンダーヘアを処理しているセレブは?

一般人でも何かしらのケアをしている欧米では、人から見られる職業である男性セレブが、全くケアをしていないということは殆どないだろう。

 

 

Photo : Getty Images

 

スポーツ選手でいえば、クリスティアーノ・ロナウド、デヴィッド・ベッカム、イアン・ソープら他多数。スポーツ選手は機能面、衛生面の関係でケアしている人が多い。

歌手&俳優でいえば、ジャスティン・ビーバー、ザック・エフロン、ニック・ジョナスら。日本人だと、中田英寿、香川真司などの海外歴のあるスポーツ選手が多い。

 

 

アンダーヘアをケアするメリットって?

そもそも、アンダーヘアをケアするメリットとは何だろうか?

さきほど紹介した欧米人がアンダーヘアをケアするメリットに挙げるのが「見た目の清潔感」「蒸れないため」の2つだ。

 

日本では、パナソニックが行なった調査によると、アンダーヘアをケアしている人の理由として『見た目が悪いから』が61.5%と、最も多い回答となっている。

以下、編集部が考えるアンダーヘアをケアするメリットを考えてみた。

 

・見た目が良くなる(清潔感がある)

・ペニスが大きく見える

・蒸れない、ニオイにくい

・セックス時、毛が巻き込まれにくい(肛門周りの毛の場合)

・ムダ毛を処理すると、パンツを着た時に映える

・ツルツルだと肌さわりが良い(ペニスや玉部分)

 

ニオイにくく、蒸れにくく、かつ見た目が良くなって、ペニスも大きく見え、セックス時も快適・・・メリットだらけじゃないか!!

 

そんな、アンダーヘアのケアに興味を持ってきたあなたに朗報。

パナソニックのメンズグルーミングラインから、業界初となる全身〜アンダーヘアもケアできる新シェーバー「ボディトリマー」が新発売された。

 

 

 

 

VIOをカバーできる、今までにない画期的な商品として話題沸騰中。

詳しくは、以下の記事をチェックしてみて。

 

関連記事 >> ”アンダーヘア”もケアできるシェーバー「ボディトリマー」が新発売

 

OTHER

READY FOR SUMMER?

人には聞けない「お尻の毛の処理」パーフェクトガイド

READY FOR SUMMER?

いま最もホットな男「SUSUMU」に聞く、カラダのすべて

READY FOR SUMMER?

”アンダーヘア”もケアできるシェーバー「ボディトリマー」が新