December 13th, 2018

新しい「アップリンク吉祥寺」に、LGBT映画を扱う「レインボー」シアターがオープン

 

 

渋谷にあるミニシアター「アップリンク」が、12月14日、東京・吉祥寺に新しく「アップリンク吉祥寺」をオープンする。

場所は、リニューアルオープンする「吉祥寺PARCO」の中だ。

 

LGBT映画を扱う「レインボー」シアターが新しい

「アップリンク吉祥寺」では、5つの異なるテーマのミニシアターが集まったシネコン型。

 

 

チケットカウンター。レトロで可愛い!

 

5つのシアターのうちの1つが、LGBT映画をメインで上映する「レインボーシアター」となっている。

 

アップリンクといえば、これまでたくさんのLGBT映画を上映・配給してきた。

古くはレズビアン映画の「ゴー・フィッシュ」から、近年は「キャロル」、「わたしはロランス」、「ムーンライト」といった有名作品まで多数。

 

そんなアップリンクが手がける「レインボーシアター」は、全52席のこじんまりとしたミニシアター。

7列の座席の椅子をレインボーカラーで配置しており、ブルーの壁は青空をイメージしている。

 

 

レインボーカラーの座席

 

また、ミニシアターながら音響に相当こだわっているそうで、世界一の平面スピーカーを導入し、ハイレゾ音源を極めているそう!

 

見逃したLGBT映画をお得な料金で楽しめる

「アップリンク吉祥寺」では、LGBT映画の上映が続々と決定している。

 

現在発表されているところでは、アカデミー賞を受賞したゲイ映画「ムーンライト」、話題沸騰中のLGBT映画「カランコエの花」、グザヴィエ・ドランの出世作「わたしはロランス」、ゲイのデザイナーであるドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」などだ。

 

 

「ムーンライト」(C) 2016 Dos Hermanas, LLC. All Rights Reserved.

 

過去作品の上映がメインということもあり、料金は一般1,300円、ユース(22歳以下)・シニア1,100円、UPLINK会員が1,000円という、通常の映画館よりも良心的な価格設定。

 

大規模なシネコンで観る映画も良いけど、こじんまりとしたミニシアターなら、一人でゆっくりLGBT映画に浸ったり、まったりデートにも使えそう。ぜひ訪れてみて。

 

アップリンク吉祥寺|公式サイト

 

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

「おっさんずラブ」2019年夏に映画化決定!

ENTERTAINMENT

国内最後のチャンス!ゲイ映画『ゴッズ・オウン・カントリー』が5回限定で

ENTERTAINMENT

最新版「エイズ」をテーマにした映画3選

ENTERTAINMENT

総勢50人のLGBTを描いたドキュメンタリー映画『私はワタシ』、1週間

ENTERTAINMENT

「東京の”今を生きる”ゲイを描きたかった」 東京Neighbors監督

ENTERTAINMENT

ゲイカップルの日常を生々しく描く映画『INDIA BLUES』一夜限り