2020/12/03

アンチLGBTの保守派議員、ゲイ乱交パーティーに参加し捕まる

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

保守派の欧州議会議員、サーヤー・ヨージェフ氏(59)が、他国でゲイの乱交パーティーに参加。

ロックダウン中の違反で警察に拘束されていたとして、海外メディアで話題になっている。

 

 

欧州議会議員、サーヤー・ヨージェフ氏(59

 

ヨージェフ氏は、ハンガリーのビクトル首相の盟友であり、保守派与党「フィデス党」のトップメンバー。同国の憲法起草にも関わったハンガリーを代表する議員だ。

 

「フィデス党」は長年LGBT権利に反対の立場を取っており、ヨージェフ氏自身も同性婚反対をとなえてきた人物。

 

そんなアンチLGBTの議員は、先週金曜、ハンガリーから遠く離れたベルギーのブリュッセルにてゲイの乱交パーティーに参加。

 

現在ベルギーではロックダウンが行われており、室内で4人以上が集まることを法律で禁止している。違反すると250ユーロ(約3万円)の罰金に科せられる。

 

現地メディアによれば、周囲の通報があり警察が室内に立ち入ると、裸の男性たち20人による乱交パーティーが開催されていた。

 

現場にいたヨージェフ氏は逃走するも、最後は下水道の中で捕まったという。

そのさい、合成麻薬「エクスタシー」を所持していたそうだ。

 

 

 

 

ヨージェフ氏は今回の件で、議員の職を辞任すると発表。

 

氏は、ロックダウン規則に違反したことを自らの家族に謝罪したが、乱交パーティーについては一切言及せず、さらに所持していた錠剤がエクスタシーだとは知らなかったとも主張している。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

睡眠、健康、美容にも。世界的に話題のリラックス成分「CBD」とは?

LOVE

どうすれば「交際半年」の壁を越えられるの?

LOVE

編集部が使ってよかった!2020年版「ベスト・セックス・アイテム」

LIFESTYLE

男ふたりのデートガイド in 高尾山

LOVE

タチ・ウケ別、編集部が選ぶ最新「セックストイ」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline