2020/06/05

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

新調査によると、同性婚が認められているアメリカではこれまで50万人以上が同性婚。

 

そして、合法化された2015年6月から2020年3月までで、約4,000億円以上の経済効果を生みだしている事がわかった。

 

 

 

 

アメリカの公共政策研究所「ウィリアムズ・インスティテュート」が発表した最新調査によると、同性婚がみとめられた2015年以降に293,000人が同性婚をし、その経済効果は推定約38億ドル(日本円で4,100億円以上)にのぼるそう。

 

内訳をみると、挙式費用として約32億ドル(約3,500億円)が費やされ、また参加した約470万人のゲストが約5億4,400万ドル(約600億円)を使用。

 

そして同性婚により、地方自治体は約2億4,400万ドル(約270億円)もの税金を徴収することができ、この経済効果により推定45,000人の米国人雇用を支えたというから驚きだ。

 

調査を担当した責任者、クリスティ、マロリー氏は、ロイター通信に対してこう話した。

 

「結婚の平等は、同性カップルとその家族の生活を一変させました。そして、ビジネス面、州や地方自治体にもかなりの利益をもたらしたといえるでしょう」

 

ちなみに、アメリカでは2015年以前にも同性婚を認めている州が一部あり、2015年以前までで、すでに約242,000人の同性カップルが結婚。

 

同性婚前と後をあわせると、アメリカ全体でこれまで合計513,000人が同性婚をしているという。すさまじい数字…!

 

 

Photo via : junebugweddings.com

 

今回は「挙式」に焦点をあてた算出だが、それ以外にも結婚をすることで、マイホーム、車、保険などさまざまなサービスを利用するため、実際の経済効果はさらに大きいだろう。

 

同性婚はそれを求める個人の幸福度を叶えると同時に、社会全体にも大きな利益をもたらしている。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作ゲイ映画『チョコレートドーナツ』が舞台化!俳優の東山が主演

CULTURE

延期されていた「トム・オブ・フィンランド」の日本初個展、9月18日から開催へ!

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

CULTURE

【前編】「最近の若い子はゲイの世界にすぐ入ってきてもったいない人生を送っている」って本当? 有名ツイッタラーの炎上芸? 15歳からゲイの世界に入った私も考えてみました

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline