2023/10/23

アバクロの元CEO、男性モデルらに性的搾取の疑惑。世界中でセックスパーティーを開催

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

米アパレルブランド「アバクロンビー・アンド・フィッチ(以下アバクロ)」の元CEOマイク・ジェフリーズ氏が、過去に複数の男性たちに性的搾取した疑いがかかっている。

 

今月、英BBCの独自調査で発覚した。

 

 

 

 

セックスパーティーで性的搾取

マイク・ジェフリーズ氏(79)は、1990年代から2000年代にかけてCEOを務めていた人物。

 

BBCが取材した被害者は12人で、彼らはジェフリーズ氏と、その相方であるマシュー・スミス(60)氏が主催したセックスパーティーに参加していた。

 

 

ジェフリーズとスミスは2009年から2015年にかけて、米ニューヨークやフランスのパリ、イタリアのベニス、モロッコのマラケシュなどで頻繁にセックスイベントを開催し、そこで若い成人男性らを多数搾取しているとBBCは報告している。

 

 

参加した男性たちは、セックスパーティーとは知らずに半ば強制参加させられ、外部に秘密をもらさないよう「秘密保持契約」を結ばされていたという。

 

彼らは参加の際に、アバクロでのモデル登用をちらつかせられたと話しており、これは権力を利用した性的搾取の典型だ。

 

アバクロ帝国の凋落

2000年代に黄金期を迎えたアバクロは、日本にも銀座に出店。一大アバクロブームを巻き起こし、ゲイたちを熱狂させた。

 

 

 

 

しかしご存知のように、2010年代に入り衰退を辿っている。

 

昨年公開されたアバクロのドキュメンタリー映画では、同社が近年抱えていた問題の一端が明かされていた。

 

たとえば、アバクロでは「痩せていること」が理想化されたり、特定の美的基準が賛美されたりしており、そうした基準は顧客だけでなく店舗スタッフにも当てはめられていた。

ブランドの支持者であるゲイたちからも「ルッキズムを生んでいるのでは?」という批判も多かった。

 

BBCはジェフリーズとスミスに取材を申し込んだが、いずれも返事はなかったという。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

フランスの新首相、初のゲイ男性に!

LOVE

国内で「PrEP」が承認されるかも? PrEP最新動向をまとめて紹介!

CULTURE

エイズをテーマに、3世代のゲイを描く舞台『インヘリタンス-継承-』が来年2月上演へ

LOVE

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

LOVE

買ってよかった!2023年ベスト「セックスアイテム」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline